【をくだ屋技研】パワーリフター改造仕様 フォーク編サムネイル

【をくだ屋技研】パワーリフター改造仕様 フォーク編

投稿日時
2022/09/27 08:36
更新日時
2022/09/28 10:17

この動画へのお問い合わせ

(株)をくだ屋技研

パワーリフターのツメ、こんな改造が可能です

カタログ外の改造にも対応

フォークリフトを使いたくとも使えない場面で活躍する、株式会社をくだ屋技研の「パワーリフター」。フォークリフトと同様の作業範囲をカバーしつつ、免許不要で車体が軽量・スリムで済むなどフォークリフトの弱点を補う様々な利点をもつ製品です。

そんなパワーリフターですが、実は様々な改造対応が可能なフレキシブルな製品。改造のバリエーションは「多すぎてすべて紹介できない」ほど広範ですが、その一端を紹介する動画が登場しました。

例えばフォークを薄型にすることで、規格品では難しかった箇所にも差込が可能に。フォークの取付を上下逆にすることで最高位を高くしてアクセス性を向上させたり、「ラムフォーク」仕様にすればロール紙やコイル状ワークなど中央に穴があいているワークを優しく搬送できるようにもなります。

ほかにも吊りフックなどフォークに取り付ける着脱可能なアタッチメントの製作も可能。動画ではさらに幅広いカスタマイズ例を紹介しており、見れば現場作業の「カイゼン」につながるヒントが得られるはずです。カタログに載っていない仕様でも、諦めずに一度相談してみてはいかがでしょうか。

企業動画一覧

関連動画

関連記事

mt:ContentLabel>サムネイル

充実する協働ロボット・AGV・エンドアームツール

製造の国内回帰が相次いでいる。マツダは国内での部品生産を増やす方針を示し、セイコ...

mt:ContentLabel>サムネイル

物流分野で進むロボット・デジタル活用

― 6万人来場の国際物流総合展から ― 物流分野での自動化・省人化提案が盛んだ...

mt:ContentLabel>サムネイル

DXは労働生産性アップの救世主か

EV(電気自動車)シフトが鮮明になり、DX(デジタルトランスフォーメーション)が...

mt:ContentLabel>サムネイル

《対談》生産性高め、作業者守るアシストスーツ

10年ほど前から注目されるようになったウェアラブルの動作補助装置。介護分野で使わ...