【山金工業】ワークテーブルフラップタイプ〜必要時3割以上広がる作業台サムネイル

【山金工業】ワークテーブルフラップタイプ〜必要時3割以上広がる作業台

投稿日時
2024/07/05 11:47
更新日時
2024/07/08 09:16

この動画へのお問い合わせ

山金工業株式会社

作業に合わせて 3割以上広がる作業台

長尺物や大きなサイズの作業時にお役立ち
ワンタッチで開く補助天板で作業スペースを拡大

作業を開始して「もうちょっとワークテーブルに広さがあれば作業が楽なのに」と思ったことはないでしょうか? また逆にワークテーブルが長すぎて「もうちょっとコンパクトならこのスペースに収まったのに」ということもありますよね。「作業するときに広げられ、必要がなければ折りたためるワークテーブルないかなー」、そんな要望に答えるのが山金工業の「ワークテーブル フラップタイプ」です。必要な時だけサイドの補助天板を立ち上げて、作業スペースを広げることができます。

長尺物や大きなサイズの作業時に役立ちます。テーブルの両サイドの補助天板を起こすことで、作業スペースを3割以上、広げることができます。

軽くて使いやすいポリエステル天板。補助天板はワンタッチで開くラクラク操作です。折りたためば余分なスペースを取りません。

テーブルの高さはニーズが多い2種類をラインアップしています。座り作業に最適な740mm。立ち作業の効率をサポートする900mmです。標準的な作業であれば、この2つで対応できます。奥行きはそれぞれ900mm、1200mm。
幅は1800mm。補助天板を両方開いた状態なら2400mm とワイドに使えます。

オプションで半面棚板、全面棚板の取り付けができ、さらに効率的なカスタマイズも可能です。

企業動画一覧

関連動画

関連記事

mt:ContentLabel>サムネイル

ステージUPするパワーツール〜電動・エアー・油圧工具

高齢化・深刻な職人不足などの課題に直面し、変容を迫られる建設・製造現場。人の手が...

mt:ContentLabel>サムネイル

【REPORT】 第5回 関西物流展

ほんのひと昔前まで、ケース自動倉庫はスタッカークレーンがラックの間に敷かれたレー...

mt:ContentLabel>サムネイル

狭まる「脱炭素包囲網」

すでに深く浸透したカーボンニュートラル(CN)というワード。「またその話か」と顔...

mt:ContentLabel>サムネイル

「物流の2024年問題」を迎え打つマテハン機器・システム

「物流の2024年問題」への対応状況がついに4月から顕在化する。2023年を通じ...