【HCI】奥山剛旭社長インタビューサムネイル

【HCI】奥山剛旭社長インタビュー

投稿日時
2020/11/09 12:46
更新日時
2020/11/09 09:48

(株)HCI

ケーブル熟知したSIer、AI×ロボットで拓く未来

HCIの「ストロングポイント」、ズバリ聞きます!

大阪府泉大津市に本社を構えるロボットSIer、株式会社HCIの奥山剛旭社長にお話を伺いました。

同社の祖業は、髪の毛よりも細いケーブルを作るためのケーブル製造装置製作。そこで培ったノウハウを駆使し、柔軟物のハンドリングに強みを持つロボットSIerとして活躍のフィールドを着実に広げています。近年ではSIerでありながらAIシステムを自社開発するなど、更なる飛躍に向けた準備も万端です。

動画では、株式会社HCIの奥山剛旭社長に「ロボットSIerになった経緯」「HCIの強み」などをインタビュー形式で質問。株式会社HCIのこれまでの歩みと現在、そして「これから」を、ロボットに対する「想い」とともに語っていただきます。

関連動画

mt:ContentLabel>サムネイル

【展示会レビュー】関西ものづくりワールド2021...

1台のMCで20工程をワンチャッキング加工? 〜関西ものづくりワールド2021「驚きの加工技術編」展示の雰囲気をご提供(グッドウッドKYOTO、三和製作所)

mt:ContentLabel>サムネイル

【展示会レビュー】関西ものづくりワールド2021...

低慣性ボールねじでCTはどれだけ短縮できる? 〜関西ものづくりワールド2021「自動化・計測技術編」展示の雰囲気をご提供(シュマルツ、THK、クモノスコーポレーション)

関連記事

mt:ContentLabel>サムネイル

【座談会】モノづくり革新へ、DX時代のソリューシ...

【参加メーカー】(50音順) 〜Aiソリューションズ、シチズンマシナリー、芝...

mt:ContentLabel>サムネイル

物流最適化

材料調達から生産、保管、配送までの期間が短くなっている。限られたスペースと人数で...

mt:ContentLabel>サムネイル

CAD/CAM市場、2027年世界で1兆5000...

モノづくりに欠かせない設計および加工プログラムを生み出すCAD/CAM。不況や感...

mt:ContentLabel>サムネイル

後工程効率化

モノづくりのQCDを左右する後工程から「研削研磨・洗浄・バリ取り」にスポットを当...