【倉敷紡績】3Dビジョンセンサ「KURASENSEシステム」サムネイル

【倉敷紡績】3Dビジョンセンサ「KURASENSEシステム」

投稿日時
2020/11/20 12:00
更新日時
2022/03/30 06:34

この動画へのお問い合わせ

倉敷紡績(株)

線状物の認識に特化した3Dビジョンセンサ

わずか0.5mm径のケーブルをロボットで楽々ハンドリング

倉敷紡績株式会社の「KURASENSE」は、ケーブルや電線などの線状物を、高速かつパターンマッチングなしで測定できる3Dビジョンセンサ。KURASENSEを用いることで、従来のロボットシステムでは難しかった、形状の定まらない線状物のハンドリングを自動化することが可能です。

掴める対象はフラットケーブルや電線、ハーネス、コネクタ付ケーブルなどさまざま。それだけに、KURASENSEを用いた自動化システムが活躍できるフィールドも実に多岐にわたります。

動画ではABBの協働ロボット「YuMi」を用い、わずか0.5mm径の光ファイバーをハンドリングし、直径2mmの加工機を模した穴に通してみせます。実際のデモの様子をノーカットで披露していますので、KURASENSEの「凄み」を画面越しに体感ください。

企業動画一覧

関連動画

関連記事

mt:ContentLabel>サムネイル

検証 JIMTOF2022

新設の南展示棟を含めた東京ビッグサイト全館(展示面積11万8540㎡)を使って4...

mt:ContentLabel>サムネイル

充実する協働ロボット・AGV・エンドアームツール

製造の国内回帰が相次いでいる。マツダは国内での部品生産を増やす方針を示し、セイコ...

mt:ContentLabel>サムネイル

【座談会】こんなに変わった! ロボット導入環境

産業用ロボットを取り巻く環境がずいぶんと変わり、ユーザーにとって導入ハードルが下...

mt:ContentLabel>サムネイル

EVや半導体ニーズに応える切削工具

切削工具は最も重要な生産財の1つと言われる。費用対効果が抜群に高いからだ。加工機...