【倉敷紡績】3Dビジョンセンサ「KURASENSEシステム」サムネイル

【倉敷紡績】3Dビジョンセンサ「KURASENSEシステム」

投稿日時
2020/11/20 12:00
更新日時
2021/12/15 09:17

この動画へのお問い合わせ

倉敷紡績(株)

線状物の認識に特化した3Dビジョンセンサ

わずか0.5mm径のケーブルをロボットで楽々ハンドリング

倉敷紡績株式会社の「KURASENSE」は、ケーブルや電線などの線状物を、高速かつパターンマッチングなしで測定できる3Dビジョンセンサ。KURASENSEを用いることで、従来のロボットシステムでは難しかった、形状の定まらない線状物のハンドリングを自動化することが可能です。

掴める対象はフラットケーブルや電線、ハーネス、コネクタ付ケーブルなどさまざま。それだけに、KURASENSEを用いた自動化システムが活躍できるフィールドも実に多岐にわたります。

動画ではABBの協働ロボット「YuMi」を用い、わずか0.5mm径の光ファイバーをハンドリングし、直径2mmの加工機を模した穴に通してみせます。実際のデモの様子をノーカットで披露していますので、KURASENSEの「凄み」を画面越しに体感ください。

企業動画一覧

関連動画

関連記事

mt:ContentLabel>サムネイル

拡大する自動化需要〜ロボット関連ツール動向〜〈2...

少子高齢化が懸念される日本にとって、ヒトの時間を最大限活用するうえでも、工程の見...

mt:ContentLabel>サムネイル

拡大する自動化需要〜ロボット関連ツール動向〜〈1...

少子高齢化が懸念される日本にとって、ヒトの時間を最大限活用するうえでも、工程の見...

mt:ContentLabel>サムネイル

【特別対談】ねじ締めは「自動化・デジタル化」時代...

あらゆるモノづくりを支えている「ねじ」。 ともすれば軽視されがちなこの「ねじ」...

mt:ContentLabel>サムネイル

検証 MECT 2021 <2>

10月20日から4日間にわたって開かれたFA技術専門展「メカトロテックジャパン2...