設備から見た働き方改革 <1>

2019年に「働き方改革関連法」が施行されて以降、長時間労働の是正に向けた動きが進んでいる。生産年齢人口の減少が予想される日本にとって、生産性と定着率の向上につながる環境整備が一層急務になっている。しかし、働き方改革と言っても、現場の数だけ答えがあるため、「どういったケースが直接的な改善につながるのか」と迷ってしまうケースも少なくない。そこで現場改善と安心・安全につながる設備(製品)にスポットを当てた。

【画像1】屋上換気扇「ルーフファン」は、工場全体を効率的に排気する
【画像2】「COOLEXシリーズ」は、チラーでつくった冷水をウェア内で循環させる身体冷却システム
【画像3】「エアーリア」は、簡単に設置や移動ができる床置き仕様。100Vコンセントで稼働する

換気による現場改善

暑さ対策以外の効果も

目に見えないモノをコントロールして、現場を快適にする。気温、湿度、音、振動、臭いなどがそうだ。法規制などによって一定の基準は設けられているものの、環境や作業内容に適した設備を導入したいところ。しかし、影響する範囲が広く、設備も大規模になれば、最適解を出すのに相当な時間を要する。

そういった状況を考慮し、鎌倉製作所が「換気」をキーワードにした提案に力を入れている。10月下旬、2年ぶりに実機見学会を3日間実施。肌寒くなる時期ながら、涼風効果も含めた換気の重要性について紹介した。

営業企画課の古住亜香里氏は、その狙いについて「来年の酷暑対策を今から検討していただくため」と説明する。累計100万台の販売実績を誇る屋上換気扇「ルーフファン」【画像1】などの換気・空調設備は、予算規模が比較的大きいため、季節に関係なく、長期間検討するケースが少なくないからだ。

「スポットクーラーや工場扇に比べて価格が一桁違う。気温が急激に上がったからといってすぐには導入しにくい。気化熱を利用する涼風給気装置『クールルーフファン』を併用して全体を冷やしたり、大型強力送風機『ブルージェットファン』で熱気を天井に逃がしたりと、組み合わせによって、さらに効率が高まるだけに、じっくり検討いただきたいという思いもある」(古住氏)

現場の状況や課題によって対策も変わる。工場全体を外気温(+2℃程度)まで下げたい場合は、排気と給気の効率化が求められるし、換気扇の設置場所を壁面にせざるを得ないこともある。

こうした換気のコツや現場に制約がある場合の対処方法を、実機見学会では、実際に設置された換気装置・送風機を運転させ体験してもらう。参加者は換気の威力や風の強さ、涼風効果や気流などを実際に体験することで、「自社の現場に何がマッチングするのかを具体的にイメージすることができる」というわけだ。今後、コロナ禍で見合わせていた地方の小ホールなどを使用したイベント開催を順次検討するという。

さらに、古住氏は「換気は暑さ対策以外にも効果がある」として、溶接ヒューム対策、結露改善などを挙げた。冬場に発生しやすい結露は、外気温と内気温の差により発生することから「換気の仕方によって十分改善できる」とした。

通年で冷やす現場も

通年で酷暑対策が必要な現場もある。鉄鋼業や食品製造業のように「炉」「釜」を使用する工程だ。さらに細かく表現すれば、換気が利かず、汗も蒸発できない作業とも言える。

そこで鎌倉製作所は身体冷却システム「COOLEXシリーズ」【画像2】を提案している。チラーでつくった冷水(7〜20℃)をウェア内で循環させるというもの。換気でカバーしきれない部分的なエリアでも活躍する製品として、塗装、溶断向けでも引き合いを伸ばしている。

ラインナップとして、防塵・防水、バックパック、キャリーのほか、最大10人を同時に冷却できるオーダータイプも用意。フォークリフト用クーラーも今年5月に発売した。日帰り体験(無料)、1週間体験(2万円・送料返送料込み)を活用しながら、認知度を高める取り組みにも力を入れている。

手軽なウイルス対策

1パスで99.9%除去

目に見えないモノで最も関心が高いのは「ウイルス」だろう。人の往来や滞留が避けられない場所、人との接触を前提としたビジネスは、これまで当たり前だった「安心・安全」を強化し、目に見えるカタチで示さなければ始まらない状況になっている。

そういった要望に応える製品として、急激に実績を上げているのが岩崎電気の空気循環式紫外線清浄機「エアーリア」【画像3】だ。光環境営業部の阿部卓也部長は「2020年は前年比で約100倍(数量ベース)の受注があった」と話す。

エアーリアは、室内の空気を取り入れて紫外線ランプで菌を抑制し、菌やウイルスを除菌した清潔な空気を送り出す仕組み。紫外線は、目や皮膚に直接照射されない構造になっているため、有人環境下でも安全に使用できる。

納入先は、医療機関、大型ショッピングセンター、スーパーマーケット、飲食店、高齢者介護施設、社員食堂、コールセンターなど。100V電源で使える手軽さと、簡単に設置や移動ができる床置き仕様のメリットも相まって、事業の規模や形態を問わずに、通年で引き合いを伸ばしている。

岩崎電気は、1980年代から食品業界を中心に培ってきた紫外線による表面殺菌技術を生かし、2005年にエアーリアを製品化した。阿部部長によれば発売以降、「インフルエンザが猛威を奮う冬だけ一時的に売れていた」状況から、コロナ禍によって感染症対策市場が一変したという。

ニーズの多様化を受けて岩崎電気は、風量1㎥(毎分/15Wタイプ)の標準タイプを中心に、コンパクトタイプ、大風量タイプなどを相次いで製品化した。ランニングコストはいずれも小型照明器具程度。1パスで浮遊菌や落下菌を99.9%以上除去できるという。

その効果は(一財)北里環境科学センターでも実証済み。新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の不活性化についても、岩崎電気の紫外線ランプを使用して、広島大学病院の大毛宏喜教授(感染症科)などと共同で評価試験を行った結果、高い有効性があることが確認された。

「『目に見えないモノは防ぎようがない』と思われている状況を、安心に変えるためにもエビデンスは重要。稼働停止が不安につながらないように、寿命とメンテナンス性にも配慮した」

紫外線ランプの寿命は約8000時間。1日中稼働させたままでも、1年間は使い続けられる計算だ。交換も購入者自身ができる構造になっている。

阿部部長は、「SARS、MERS、新型コロナウイルスと、危険なウイルスが増えてきている。経口薬が出始めても、予断を許さない状況は今後も続く。今年に入って、オフィスの会議室、工場の社員食堂などの受注が増えてきた。コロナ禍によってウイルス対策がスタンダードになるだろう」とした。

設備から見た働き方改革 <2>につづく

関連記事

mt:ContentLabel>サムネイル

工場環境向上のすすめ

少子高齢化の最前線をひた走る日本。中長期的な生産年齢人口の大幅減少が見込まれるな...

mt:ContentLabel>サムネイル

気候変動時代の酷暑対策

日本の夏が耐え難い暑さになってきた。軒下に吊るした風鈴で夏を凌げたのは昔の話。気...

mt:ContentLabel>サムネイル

マーケットチャンスをつかめ

国内外で設備投資が復調し、景気回復への期待感が高まっている。半導体分野の好調が工...

mt:ContentLabel>サムネイル

作業工具の進化と真価 <1>

時代が変われど褪せぬ魅力を放つ作業工具。 その「進化と真価」を探るべく、作業工...