【ヤマザキマザック】INTEGREX i-450H STサムネイル

【ヤマザキマザック】INTEGREX i-450H ST

投稿日時
2020/11/10 05:29
更新日時
2022/02/24 03:09

この動画へのお問い合わせ

ヤマザキ マザック(株)

自動化をスムースにする、フロントフラットデザイン

進化した「INTEGREX」、長時間自動運転を支援

ヤマザキマザック株式会社の「INTEGREX i-450H ST」は、自動化ニーズへの対応力を高めた同時5軸制御複合加工機です。「INTEGREX i」シリーズの優れた操作性・加工能力を進化させました。動画では機械本体の仕様や特徴を分かりやすく説明しつつ、自動化ニーズに対応する多彩なシステムのバリエーションをご紹介します。

機械本体正面は凹凸の少ないフラットなデザインを採用。周辺機器との接近性・連携性が大幅に向上し、省スペースな自動化システムの構築が容易となりました。

CNC装置には最新の「MAZATROL SmoothAi」を採用し、ソフト面でも自動化を強化しています。不足するプログラム・工具を知らせる機能や多関節ロボットの段取り支援機能が、長時間の自動運転を実現します。さらに、工場にある工作機械からデータを取得し、オフィスPC上で段取り・分析を行えるデジタルツイン技術も搭載しました。

このほか、AI学習機能を活用して3DCADデータから加工プログラムを自動生成する機能、AI適応制御によって自動的にびびり振動を検知・抑制する機能が生産性向上に貢献します。

企業動画一覧

関連動画

関連記事

mt:ContentLabel>サムネイル

最新CAD/CAMが導く劇的「生産性向上」

近年、3DCAD/CAMによる設計が急速に拡大している。加工データの3D作成は、...

mt:ContentLabel>サムネイル

まだ高まる鍛圧機械の生産性

生産設備にIoT、AIなどのデジタル技術が活用され、生産性のさらなる向上に期待が...

mt:ContentLabel>サムネイル

山形カシオ×ハイオス「Made in Japan貫く」

さくらんぼや西洋ナシ、アケビなどの果物収穫量で全国一を誇り、すべての市町村に温泉...

mt:ContentLabel>サムネイル

【特別対談】工作機械の未来を考える

中村 匠吾 氏(中村留精密工業社長)と清水 伸二 氏(日本工業大学工業技術博物館...