【ヤマザキマザック】立形マシニングセンタ「VCN-460」サムネイル

【ヤマザキマザック】立形マシニングセンタ「VCN-460」

投稿日時
2022/10/21 02:15
更新日時
2022/10/24 09:44

この動画へのお問い合わせ

ヤマザキ マザック(株)

中大型ワーク&重切削に強い立形MC

操作性バツグンのCNC装置

ヤマザキマザック株式会社の新たな立形マシニングセンタ「VCN-460」。Y軸ストロークとテーブル奥行きをそれぞれ従来機比30mm伸長させ、中大型ワークの積載を可能にしました。

主軸は標準で毎分12000回転と高トルク。これにより切削能力を従来比50%も向上させ、重切削を得意とするマシンに仕立てました。さらにオプションで毎分18000回転の高速主軸も選択可能。アルミニウムや金型の加工を高い効率で、かつ高精度に行うことができます。

さらにCNC装置は、最新の「MAZATROL SmoothEz」を選択可能。実際の作業に応じて表示画面をカスタムでき、目的のページを瞬時に見つけられるランチャー機能を搭載するなど操作性も魅力のひとつです。

動画の前半ではVCN-460の持つ様々な特長を、後半では実際の加工の様子をクリアな映像で紹介。コンパクトで扱いやすい立形MCの魅力をご覧ください。

企業動画一覧

関連動画

関連記事

mt:ContentLabel>サムネイル

INTERMOLD2023レポート

大量生産に欠かせない金型の一大展示会「INTERMOLD/金型展/金属プレス加工...

mt:ContentLabel>サムネイル

「本当に稼げる」切削工具

わが国モノづくりの根幹を支える切削加工において、最も即効性があり、効果的な生産性...

mt:ContentLabel>サムネイル

モノづくり企業が挑む医療分野への挑戦

高齢人口の増加にともない医療機器ニーズが増加している。国内の医療機器市場は米国に...