【ヤマザキマザック】CNC旋盤「QTE-200M」+自動化セル「Ez LOADER 20」サムネイル

【ヤマザキマザック】CNC旋盤「QTE-200M」+自動化セル「Ez LOADER 20」

投稿日時
2022/10/21 02:12
更新日時
2022/10/24 09:49

この動画へのお問い合わせ

ヤマザキ マザック(株)

ワークの着脱はここまで簡単になりました

教示要らずでNC旋盤を即自動化

世は空前の人手不足。限られた人員で生産性を向上させる必要があり、「工作機械へのワークの着脱を自動化できれば…」とお悩みの方は多いのではないでしょうか。

そんな方に刺さる動画が到着しました。ヤマザキマザック株式会社の提案する自動化セル「Ez LOADER 20」を使った量産加工向けの自動化デモの映像です。

協働ロボットを採用したEz LOADER 20には、ロボットのほかにビジョンシステムやハンド、ツメなど必要な機能一式が備わっています。どこにでも移動できる台車式で、機械の側面にEz LOADER 20を横付けし、機械にワンタッチでケーブルを接続すれば準備完了。タブレットから「Ezセットアップ」を選択するとビジョンカメラで工作機械本体のQRマーカーを読み取り、機械と自身の位置関係を把握してワークの自動脱着が可能になります。

手間のかかるティーチング作業は不要。動画ではCNC旋盤「QTE-200M」とEz LOADER 20を組み合わせ、ドアの開閉からワークの搬入出をわずかな時間で自動化して見せます。自動化に難しいイメージを抱いている方も、動画を見終わるころには「これなら自社も自動化できる」と意識が変わっているはず。

企業動画一覧

関連動画

関連記事

mt:ContentLabel>サムネイル

検証 JIMTOF2022

新設の南展示棟を含めた東京ビッグサイト全館(展示面積11万8540㎡)を使って4...

mt:ContentLabel>サムネイル

【特別寄稿】新型コロナ禍後のベトナム元気!

3年ぶり訪問記 上田 義朗 (流通科学大学教授・日本ベトナム経済交流センター副...

mt:ContentLabel>サムネイル

【JIMTOF2022】工作機械技術トレンド

従来からJIMTOFは新製品・新技術発表の舞台として捉えられ、これまで同時5軸加...

mt:ContentLabel>サムネイル

充実する協働ロボット・AGV・エンドアームツール

製造の国内回帰が相次いでいる。マツダは国内での部品生産を増やす方針を示し、セイコ...