【ヤマザキマザック】FSW加工機 FSW-460Vサムネイル

【ヤマザキマザック】FSW加工機 FSW-460V

投稿日時
2024/07/01 10:46
更新日時
2024/07/02 09:37

この動画へのお問い合わせ

ヤマザキ マザック(株)

高速・高品質FSWで接合を次のステージへ

EVモータケースなどの量産に

溶接やボルディングに代わる接合方法として注目を集める摩擦攪拌接合(Friction Stir Welding=FSW)。高速回転する円筒形状のツールを金属ワークに押し当て、摩擦熱で軟化させた接合部を攪拌し「練り回す」ことで一体化させる新たな接合方法です。

この工法のメリットはひずみなど熱による影響を最低限に抑えられることと、接合強度が高いこと。ただ主軸に高い剛性が要求されるなど課題もあり、原理自体は昔から知られていましたが産業界での採用は限定的でした。ヤマザキマザックは2014年にFSW機能と切削機能のハイブリッド複合加工機を発表するなど、この分野の先駆けとして知見を積んできました。そして同社が2022年に発売したのが、本動画で取り上げられているFSW加工機「FSW-460V」です。

FSWの品質を左右する主軸の剛性を高めつつ、高回転に。ツールには独自の特殊形状も採用しており、これらにより高速・高品質なFSWを実現します。ツールの推力を一定に保つ制御技術と、ツールの折損を検出するIoT機能も搭載。EVのモータケースやインバータ冷却装置などの量産で高速・高品質化を叶えます。

ここまでいろいろと書きましたが、動画を見ればその速さは一目瞭然。一筆書きのようになめらかにツールが走っていく様子は見ていて気持ちが良いほどです。海外でも注目度が高いという同機。その活躍を動画でご覧ください。

企業動画一覧

関連動画

関連記事

mt:ContentLabel>サムネイル

【座談会】スマートな加工工程の確立に向け〜3DAモデルの活用と、ノウハ...

デジタルエンジニアリング、フロントローディング(※1)といった言葉が製造業の間で...

mt:ContentLabel>サムネイル

2024国際ウエルディングショー

8年ぶり大阪、10万人超来場
、脱技能・自動化に応える進化 2年に一度開催され...

mt:ContentLabel>サムネイル

生産性を飛躍的に高める切削工具

切削加工における生産性向上を図る上で、もっとも費用対効果が高いと言われている「切...

mt:ContentLabel>サムネイル

【タイ】METALEX2023レポート

ASEAN最大の日系企業の集積地であるタイ。今、EVの販売市場として急速な浸透が...