【TAFLINK】ロボットSIer 3社連携プロジェクトサムネイル

【TAFLINK】ロボットSIer 3社連携プロジェクト

投稿日時
2021/04/23 02:38
更新日時
2021/04/23 05:56

TAFLINK

目指せ! 世界一のバリ取り問題解決チーム

バリ取りの自動化、中小製造現場の課題を総合力で解決

TAFLINK(タフリンク)は、3社連携プロジェクトとして2020年2月に発足した、静岡県浜松市発の「バリ取り問題解決チーム」です。動画ではチーム結成の狙いや、活動にかける思い、将来展望を、連携3社のトップが語ります。

TAFLINKの核となるのは、東洋鐵工所、藤本工業、アラキエンジニアリングの3社です。

木工関連など自動化機器の設計製造ノウハウを豊富に持ち、開発力に長けた「東洋鐵工所」
他の追随を許さぬ超熟練のバリ取り職人集団として、そのノウハウをロボット化に生かす「藤本工業」
バリ取りのエキスパートとして知られ、ロボット教育やコンサルティングを担う「アラキエンジニアリング」

この3社がお互いの強みを出し合い、ロボット導入のご相談から、設計・開発・製造、ティーチング支援、教育、アフターフォローまで、「バリ取りの問題解決」をトータルにサポートします。徐々にサポート範囲を広げ、将来的には「世界一のバリ取り問題解決チーム」を目指します。

関連動画

関連記事

mt:ContentLabel>サムネイル

物流最適化

材料調達から生産、保管、配送までの期間が短くなっている。限られたスペースと人数で...

mt:ContentLabel>サムネイル

後工程効率化

モノづくりのQCDを左右する後工程から「研削研磨・洗浄・バリ取り」にスポットを当...

mt:ContentLabel>サムネイル

FOOMA JAPAN 2021開催

19分野680社超が出展 ●会期:6月1日〜4日 ●会場:Aichi Sky...

mt:ContentLabel>サムネイル

【レビュー】国際物流総合展2021〈2〉

盛況のうちに幕を閉じた国際物流総合展2021を振り返る本企画。今回は、AGV以外...