【倉敷紡績】3Dビジョンセンサ「KURASENSEシステム」サムネイル

【倉敷紡績】3Dビジョンセンサ「KURASENSEシステム」

投稿日時
2020/11/14 07:54
更新日時
2020/11/18 03:07

倉敷紡績(株)

厄介な線状物のハンドリングを自動化

人vsロボット、ケーブルの扱いが上手いのはどっち?

倉敷紡績の「KURASENSE」は、ケーブルや電線などの線状物を、高速かつパターンマッチングなしで測定できる3Dビジョンセンサ。KURASENSEを用いることで、従来のロボットシステムでは難しかった、形状の定まらない線状物のハンドリングを自動化することが可能です。

掴める対象はフラットケーブルや電線、ハーネス、コネクタ付ケーブルなどさまざま。それだけに、KURASENSEを用いた自動化システムが活躍できるフィールドも実に多岐にわたります。

動画では2019年の国際ロボット展を舞台に、KURASENSEを用いたロボットによるケーブルのハンドリングデモを披露。「人より速いスピードを目指してつくっている」というこのシステムが本当に人より素早く作業できるのか。実際にその目でご覧ください。

企業動画一覧

関連動画

関連記事

mt:ContentLabel>サムネイル

FOOMA JAPAN 2021開催

19分野680社超が出展 ●会期:6月1日〜4日 ●会場:Aichi Sky...

mt:ContentLabel>サムネイル

INTERMOLD2021開幕へ

金型の総合展示会「INTERMOLD/金型展/金属プレス加工技術展2021」が、...

mt:ContentLabel>サムネイル

【レビュー】国際物流総合展2021〈2〉

盛況のうちに幕を閉じた国際物流総合展2021を振り返る本企画。今回は、AGV以外...

mt:ContentLabel>サムネイル

【レビュー】国際物流総合展2021〈1〉

アジア最大級の物流専門展示会「国際物流総合展2021」が3月9日~12日の4日間...