【倉敷紡績】3Dビジョンセンサ「KURASENSEシステム」サムネイル

【倉敷紡績】3Dビジョンセンサ「KURASENSEシステム」

投稿日時
2020/11/14 07:54
更新日時
2020/11/18 03:07

倉敷紡績(株)

厄介な線状物のハンドリングを自動化

人vsロボット、ケーブルの扱いが上手いのはどっち?

倉敷紡績の「KURASENSE」は、ケーブルや電線などの線状物を、高速かつパターンマッチングなしで測定できる3Dビジョンセンサ。KURASENSEを用いることで、従来のロボットシステムでは難しかった、形状の定まらない線状物のハンドリングを自動化することが可能です。

掴める対象はフラットケーブルや電線、ハーネス、コネクタ付ケーブルなどさまざま。それだけに、KURASENSEを用いた自動化システムが活躍できるフィールドも実に多岐にわたります。

動画では2019年の国際ロボット展を舞台に、KURASENSEを用いたロボットによるケーブルのハンドリングデモを披露。「人より速いスピードを目指してつくっている」というこのシステムが本当に人より素早く作業できるのか。実際にその目でご覧ください。

企業動画一覧

関連動画

mt:ContentLabel>サムネイル

【展示会レビュー】関西ものづくりワールド2021...

1台のMCで20工程をワンチャッキング加工? 〜関西ものづくりワールド2021「驚きの加工技術編」展示の雰囲気をご提供(グッドウッドKYOTO、三和製作所)

mt:ContentLabel>サムネイル

【展示会レビュー】関西ものづくりワールド2021...

低慣性ボールねじでCTはどれだけ短縮できる? 〜関西ものづくりワールド2021「自動化・計測技術編」展示の雰囲気をご提供(シュマルツ、THK、クモノスコーポレーション)

関連記事

mt:ContentLabel>サムネイル

【座談会】モノづくり革新へ、DX時代のソリューシ...

【参加メーカー】(50音順) 〜Aiソリューションズ、シチズンマシナリー、芝...

mt:ContentLabel>サムネイル

物流最適化

材料調達から生産、保管、配送までの期間が短くなっている。限られたスペースと人数で...

mt:ContentLabel>サムネイル

CAD/CAM市場、2027年世界で1兆5000...

モノづくりに欠かせない設計および加工プログラムを生み出すCAD/CAM。不況や感...

mt:ContentLabel>サムネイル

後工程効率化

モノづくりのQCDを左右する後工程から「研削研磨・洗浄・バリ取り」にスポットを当...