【三明機工】バーチャルロボットソリューションセンターサムネイル

【三明機工】バーチャルロボットソリューションセンター

投稿日時
2020/11/09 12:00
更新日時
2022/07/06 10:06

この動画へのお問い合わせ

三明機工(株)

目の前に実物大のロボット、VRで事前検証

VRで設計のフロントローディング化を加速

ロボットシステムインテグレータの三明機工株式会社(静岡市清水区)は2019年12月に、「バーチャルロボットソリューションセンター(VRSC)」を開設しました。開設の狙いと効果について、久保田和雄社長と技術本部開発チームの西田真幸部長、システム部の近藤篤司部長に聞きました。

VRSCは設計のフロントローディング化を加速でき、顧客満足度を高められる施設です。VRSCには200インチの大型スクリーンとVRゴーグルを完備。FAシミュレータでシステムの検討を行うことができます。VRゴーグルを装着すれば、目の前に実物大のロボットシステムが出現します。大画面に映し出されたFAシミュレータで、ロボットやコンベヤの動きをあらゆる角度から確かめながら、多人数で一気に見出しして最善策を導きだすことができます。

ロボットに馴染みの薄いユーザーでも直感的に理解しやすいのがメリット。ユーザーを交えた設計検証に用いることも多く、実際の作業姿勢で、扉や通路のスペースなど使いにくい部分の有無を細部まで指摘してもらえるので、「後で手戻りの無い」設計工程を可能にします。

VRSC発のソリューションは今後、蓄積データを活用してコンサル能力をレベルアップさせつつ、先端技術の数々を加えて数段の進化を遂げる計画にあります。AI活用やアフターサービスの進化に期待がかかっています。

関連動画

関連記事

mt:ContentLabel>サムネイル

充実する協働ロボット・AGV・エンドアームツール

製造の国内回帰が相次いでいる。マツダは国内での部品生産を増やす方針を示し、セイコ...

mt:ContentLabel>サムネイル

【座談会】こんなに変わった! ロボット導入環境

産業用ロボットを取り巻く環境がずいぶんと変わり、ユーザーにとって導入ハードルが下...

mt:ContentLabel>サムネイル

物流分野で進むロボット・デジタル活用

― 6万人来場の国際物流総合展から ― 物流分野での自動化・省人化提案が盛んだ...

mt:ContentLabel>サムネイル

DXは労働生産性アップの救世主か

EV(電気自動車)シフトが鮮明になり、DX(デジタルトランスフォーメーション)が...