【フクハラ】MAX N2 窒素ガス発生装置サムネイル

【フクハラ】MAX N2 窒素ガス発生装置

投稿日時
2021/01/07 10:24
更新日時
2021/01/08 10:00

(株)フクハラ

窒素ガスは空気を原料に自家生産する時代

圧縮エアーを使って、手軽に高品質の窒素ガスを製造

窒素ガスは空気を原料に自家生産する時代です。

株式会社フクハラの「MAX N2 窒素ガス発生装置」はエアーコンプレッサーからの圧縮空気を使って窒素ガスを製造することができます。「膜分離方式」と「PSA方式」の2つの方式により、最大濃度97~99.999%までの窒素ガスを生産できます。

圧縮空気を供給するだけなので、これまで手間のかかっていた、窒素ガスボンベの交換は不要です。
ボンベを窒素ガスに置き換えると経費を節減することができます。

ラインナップは全96機種。2002年の発売以来、豊富な実績があります。また、タイヤ充填用窒素ガス発生装置、射出成型機用窒素ガス発生装置、レーザー加工機アシスト用窒素ガス発生装置なども備えています。

企業動画一覧

関連動画

mt:ContentLabel>サムネイル

【展示会レビュー】関西ものづくりワールド2021...

低慣性ボールねじでCTはどれだけ短縮できる? 〜関西ものづくりワールド2021「自動化・計測技術編」展示の雰囲気をご提供(シュマルツ、THK、クモノスコーポレーション)

関連記事

mt:ContentLabel>サムネイル

物流最適化

材料調達から生産、保管、配送までの期間が短くなっている。限られたスペースと人数で...

mt:ContentLabel>サムネイル

労働環境を変える「物流施設」

「物流施設」と聞いて思い浮かべるのはどのような光景だろうか。もし真っ先に浮かぶの...

mt:ContentLabel>サムネイル

後工程効率化

モノづくりのQCDを左右する後工程から「研削研磨・洗浄・バリ取り」にスポットを当...

mt:ContentLabel>サムネイル

建設需要と設備投資〜メーカーに聞く

鉄骨に代表される大型構造物に向けた提案をダイヘンの溶接・接合事業部長に就任した田...