【住友電気工業】鋼旋削用コーティング材種「AC8000P」シリーズサムネイル

【住友電気工業】鋼旋削用コーティング材種「AC8000P」シリーズ

投稿日時
2022/04/21 02:34
更新日時
2022/05/19 08:38

この動画へのお問い合わせ

住友電気工業(株)

鋼旋削における絶対的な安定加工を実現

新開発の超硬母材と革新のコーティング技術

自動車産業をはじめとする機械部品加工や、重電・鉄鋼・建設機械加工においては、リードタイム短縮、加工コスト低減を実現するため、切削工具に対する高能率化や長寿命化の要望が益々高まっています。

また、製造現場での省人化(自動化、無人化)も進み、切削加工時の突発的なトラブルを起こさない安定性も求められています。

こうしたニーズに対応し、住友電気工業株式会社は鋼旋削加工の高能率化に最適な新材種「AC8020P」を開発しました。これにより従来の高速加工用「AC8015P」、汎用「AC8025P」、断続加工用「AC8035P」と合わせ、鋼旋削用途の「AC8000Pシリーズ」を4材種にラインアップを拡充。鋼旋削加工のあらゆる場面で、大幅な能率向上および加工コスト低減を実現します。

企業動画一覧

関連動画

関連記事

mt:ContentLabel>サムネイル

検証 JIMTOF2022

新設の南展示棟を含めた東京ビッグサイト全館(展示面積11万8540㎡)を使って4...

mt:ContentLabel>サムネイル

【特別寄稿】新型コロナ禍後のベトナム元気!

3年ぶり訪問記 上田 義朗 (流通科学大学教授・日本ベトナム経済交流センター副...

mt:ContentLabel>サムネイル

【JIMTOF2022】工作機械技術トレンド

従来からJIMTOFは新製品・新技術発表の舞台として捉えられ、これまで同時5軸加...

mt:ContentLabel>サムネイル

EVや半導体ニーズに応える切削工具

切削工具は最も重要な生産財の1つと言われる。費用対効果が抜群に高いからだ。加工機...