【聖和精機】マイクロンチャックHPCシリーズサムネイル

【聖和精機】マイクロンチャックHPCシリーズ

投稿日時
2020/11/03 08:29
更新日時
2022/02/03 04:15

この動画へのお問い合わせ

聖和精機(株)

振れ精度口元1μm、3D先2μm保証

刃物の抜けとチッピングを抑制

切削工具の性能を引き出すうえで、ツールホルダーは外すことができない要素のひとつです。

なかでも「マイクロンチャック」の名称で知られるHPCシリーズは、チャッキング部の把握の仕方を工夫し、刃物の抜け、チッピングなどを抑えました。表面粗さ、寸法精度を向上させるだけでなく、刃物寿命を延長させることにも成功しました。

振れ精度は、A級で口元3μm、AA級で1μmを保証しています。把握サイズはφ3〜12mm。標準シャンクは、BBT30、40、HSKA50、A63に対応しています。R、H、Mシリーズに加えて、小型部品と小型金型の加工に最適なメカニカルチャック「Nシリーズ」も新たにラインナップしました。

動画では、加工精度、動的振れ精度、剛性の高さから得られるメリットを解説しています。

企業動画一覧

関連動画

関連記事

mt:ContentLabel>サムネイル

【座談会】スマートな加工工程の確立に向け〜3DAモデルの活用と、ノウハ...

デジタルエンジニアリング、フロントローディング(※1)といった言葉が製造業の間で...

mt:ContentLabel>サムネイル

INTERMOLD2024レポート

INTERMOLD2024(第35回金型加工技術展)/金型展2024/金属プレス...

mt:ContentLabel>サムネイル

生産性を飛躍的に高める切削工具

切削加工における生産性向上を図る上で、もっとも費用対効果が高いと言われている「切...

mt:ContentLabel>サムネイル

【トップ対談】オーエスジー×山善

事業のベクトルは同じです。協業を深め、ともに未来を切拓いていきましょう。国内を代...