【ソディック】精密金属3Dプリンタ「OPM250L/350L」「LPM325」サムネイル

【ソディック】精密金属3Dプリンタ「OPM250L/350L」「LPM325」

投稿日時
2020/11/03 08:10
更新日時
2021/09/30 05:25

この動画へのお問い合わせ

精密造形に最適の金属3Dプリンタ「OPM250L/350L」「LPM325」

基準面加工で、位置出しと仕上げを高精度に

金属粉末にレーザーを照射し、固めて積層造形する金属3Dプリンタは、ものづくりのプロセスを革新する道具として大きく注目を集めています。では、精密な金型や部品の造形を行う場合には、どんな金属3Dプリンタを選べばよいのでしょうか。動画ではその答えを、ソディックの横浜本社ショールームで、技術者に詳しく聞いてきました。

結論から言えば、ミクロン単位の精度を競う精密な部品や、内部に水冷配管を施した造形には、切削までできる複合機が最適です。その答えの理由を動画では、ソディックの複合型金属3Dプリンタ「OPMシリーズ」の加工事例や、積層造形のみの3Dプリンタとの比較から説明します。

ソディックの複合型金属3Dプリンタの場合、積層造形したあとに、、ミーリング機能で切削して表面を均一に整えます。これを、基準面加工と言います。基準面加工で表面精度をミクロン単位で整えられれば、3Dプリンタから降ろした後の工程も高精度に行えるのです

動画では、造形部の表面の状態や水冷配管の加工など、複合機と積層のみの機種との違いを比較しつつ、分かりやすくご紹介しています。金属3Dプリンタにご興味のある方は、ぜひご覧ください。

関連動画

関連記事

mt:ContentLabel>サムネイル

検証 JIMTOF2022

新設の南展示棟を含めた東京ビッグサイト全館(展示面積11万8540㎡)を使って4...

mt:ContentLabel>サムネイル

【特別寄稿】新型コロナ禍後のベトナム元気!

3年ぶり訪問記 上田 義朗 (流通科学大学教授・日本ベトナム経済交流センター副...

mt:ContentLabel>サムネイル

【JIMTOF2022】工作機械技術トレンド

従来からJIMTOFは新製品・新技術発表の舞台として捉えられ、これまで同時5軸加...

mt:ContentLabel>サムネイル

EVや半導体ニーズに応える切削工具

切削工具は最も重要な生産財の1つと言われる。費用対効果が抜群に高いからだ。加工機...