【オーエスジー】高能率・多機能転造タップ「A-XPF」サムネイル

【オーエスジー】高能率・多機能転造タップ「A-XPF」

投稿日時
2022/12/02 07:46
更新日時
2023/06/20 08:39

この動画へのお問い合わせ

オーエスジー(株)

タップ加工の切りくずトラブルを解消

切りくずを発生させずにねじ山を形成

オーエスジー株式会社の高能率・多機能転造タップ「A-XPF」は、非鉄合金から軟鋼、炭素鋼、ステンレス鋼、30HRCの調質材まで幅広い被削材に対し高速かつ安定加工が可能な新しい転造タップです。

低スラストを実現する特殊食付き仕様とねじ部の剛性を向上する特殊ねじ部仕様に加え、新開発のタップ専用特殊コーティングにより高負荷加工に対応する。タップ加工の主なトラブル要因は、切りくず排出の不安定さです。A-XPFは、材料を塑性変形することでねじ山を形成するため切りくずが発生しません。

そのため、切りくずトラブルによる工具交換時間、堆積した切りくずを除去する際の機械停止時間の削減を実現する。また安定した連続加工を可能にすることで消費電力を抑制し、環境負荷の低減にも繋げます。

企業動画一覧

関連動画

関連記事

mt:ContentLabel>サムネイル

【座談会】スマートな加工工程の確立に向け〜3DAモデルの活用と、ノウハ...

デジタルエンジニアリング、フロントローディング(※1)といった言葉が製造業の間で...

mt:ContentLabel>サムネイル

生産性を飛躍的に高める切削工具

切削加工における生産性向上を図る上で、もっとも費用対効果が高いと言われている「切...

mt:ContentLabel>サムネイル

狭まる「脱炭素包囲網」

すでに深く浸透したカーボンニュートラル(CN)というワード。「またその話か」と顔...

mt:ContentLabel>サムネイル

オンライン座談会:日欧中のロボット技術とユーザーメリット

少子高齢化に伴う人手不足、なかなか改善しない労働生産性―。その解決に有力とされて...