【ワイエス工機】パイプ端面開先加工機「PF-318」サムネイル

【ワイエス工機】パイプ端面開先加工機「PF-318」

投稿日時
2022/10/19 02:29
更新日時
2022/10/21 03:07

この動画へのお問い合わせ

ワイエス工機(株)

パイプの開先加工、まだ手作業ですか?

溶断後のワークまで簡単&キレイに開先加工

突き合わせ溶接や溶け込み溶接時の品質を左右する、パイプ端面の開先加工。接合部の強度を担保するうえでも重要な作業ですが、これを誰でも簡単かつスピーディー行えるのが、ワイエス工機株式会社のパイプ端面開先加工機「PF-318」です。

操作は非常にシンプルで、対応できるパイプの径は89.1φ~318.5φまでと広範。オプションの専用治具を使えば48.6φまでOKと、1台あれば様々なパイプの溶接品質を向上できます。さらに細いパイプの開先加工が必要な場合は、10.5φ~60.5φに対応できる卓上型の「PF-60」も選択可能です。

バイトを交換すれば端面加工の角度変更(30°/35°/45°)も可能。ステンレスパイプの加工や、溶断で端面がガタガタになったパイプもきれいに開先加工できます。なお、端面がガタガタのワークをサクサクと削る軽快な映像は1:58から。パイプ溶接の品位向上を狙う方、おすすめです。

企業動画一覧

関連動画

関連記事

mt:ContentLabel>サムネイル

検証 JIMTOF2022

新設の南展示棟を含めた東京ビッグサイト全館(展示面積11万8540㎡)を使って4...

mt:ContentLabel>サムネイル

【特別寄稿】新型コロナ禍後のベトナム元気!

3年ぶり訪問記 上田 義朗 (流通科学大学教授・日本ベトナム経済交流センター副...

mt:ContentLabel>サムネイル

【JIMTOF2022】工作機械技術トレンド

従来からJIMTOFは新製品・新技術発表の舞台として捉えられ、これまで同時5軸加...

mt:ContentLabel>サムネイル

充実する協働ロボット・AGV・エンドアームツール

製造の国内回帰が相次いでいる。マツダは国内での部品生産を増やす方針を示し、セイコ...