【ブラザー工業】小型複合加工機 SPEEDIO M300X3サムネイル

【ブラザー工業】小型複合加工機 SPEEDIO M300X3

投稿日時
2020/11/25 08:28
更新日時
2020/11/30 04:30

この動画へのお問い合わせ

ブラザー工業(株)

工程集約の切り札  旋削とマシニングを1台で

加工エリア拡大&旋削トルク向上で鉄・アルミの大径ワークに対応

旋削加工とマシニング加工を1台で行うブラザー工業株式会社の小型複合加工機が、2019年にモデルチェンジしました。

2台に分けていた加工を1台に工程集約することでハンドリング時間を削減し、設備投資額と機械設置面積を抑制。旋削加工とマシニング加工をワンチャッキングで行うことでチャッキングに伴う位置精度の誤差が発生せず、加工精度が向上します。

なかでも「SPEEDIO M300X3」は、X移動量を300mm(従来モデル200mm)、治具エリアをφ350mm X350mm(従来モデルφ300mm X300mm)とするなど加工エリアを大幅に拡大。さらに旋削トルクを向上させることで鉄やアルミの大径ワークに対応できるようになるなど、加工ワークの範囲を大幅に広げています。

構造の最適化により、C軸(旋削軸)クランプ力も従来モデル比約2倍に強化。C軸回転方向に負荷のかかる加工においてより高い加工条件が設定できるようになり、生産効率が向上します。

企業動画一覧

関連動画

関連記事

mt:ContentLabel>サムネイル

最新CAD/CAMが導く劇的「生産性向上」

近年、3DCAD/CAMによる設計が急速に拡大している。加工データの3D作成は、...

mt:ContentLabel>サムネイル

まだ高まる鍛圧機械の生産性

生産設備にIoT、AIなどのデジタル技術が活用され、生産性のさらなる向上に期待が...

mt:ContentLabel>サムネイル

山形カシオ×ハイオス「Made in Japan貫く」

さくらんぼや西洋ナシ、アケビなどの果物収穫量で全国一を誇り、すべての市町村に温泉...

mt:ContentLabel>サムネイル

【特別対談】工作機械の未来を考える

中村 匠吾 氏(中村留精密工業社長)と清水 伸二 氏(日本工業大学工業技術博物館...