【Welder Channel】[ティグ溶接]カーボン250A 板厚6ミリ ローリング溶接サムネイル

【Welder Channel】[ティグ溶接]カーボン250A 板厚6ミリ ローリング溶接

投稿日時
2021/04/23 01:50
更新日時
2021/04/23 01:53

Welder Channel(ウェルダーチャンネル)

【ティグ溶接】カーボン250A 板厚6ミリ ローリング溶接

鉄パイプの突合せ溶接、裏波キレイに4層仕上げ

モノづくり系ユーチューバーの「Welder Channel」さんが、鉄パイプの突合せ溶接(ティグ溶接)の方法を動画で詳しく紹介します。裏波から仕上げまで4層仕上げでの溶接となります。

板厚は6mm、ノズルは4番。なるべく小刻みに小さくローリングしていくと綺麗な裏波ができるのだとか。今あるビードからつないでいく場合は、7mmほど手前からスタートし、軽く溶融プールが揺れ始めたら、棒を入れて進行していきます。電流目は1層目は120アンペア、棒は3.2mm。裏波を出すポイントも実演動画と共に、ナレーションで細かく説明しています。裏波の出が悪くて困っている方は、非常に参考になるのではないでしょうか。

出来上がりの裏波の綺麗さ、焼けの少なさをみれば、Welder Channelの腕前の素晴らしさがよくわかります。動画では、光を出していない状態でもローリング方法を見せてくれるので、動かし方のコツもよくわかります。手元の動きも参考にしやすく、安定したビードが実現するでしょう。

「Welder Channel」は溶接技術を実践的に、かつ丁寧に解説している人気チャンネルです。チャンネル登録者数約3.6万人(2021年4月下旬)。動画内容は溶接の基本から資格対応に至るまで幅広く、溶接技術を高めたい人にピッタリのチャンネルです。

企業動画一覧

mt:ContentLabel>サムネイル

【Welder Channel】 パイプ溶接の方...

パイプ溶接の方法―トーチを浮かしてウィービング

mt:ContentLabel>サムネイル

【Welder Channel】 研ぎ方で裏波が...

研ぎ方で裏波が出やすくなる? タングステンの研磨角度について

mt:ContentLabel>サムネイル

【Welder Channel】ティグ溶接:酸洗...

ティグ溶接:酸洗不要なパワーブラシで3パターンの方法で焼け取りしてみた

mt:ContentLabel>サムネイル

【Welder Channel】高画質カメラ…。...

高画質カメラ…。新しいカメラで溶接撮影したら綺麗すぎて凄い分かりやすくなりました

関連動画

関連記事

mt:ContentLabel>サムネイル

建設需要と設備投資〜メーカーに聞く

鉄骨に代表される大型構造物に向けた提案をダイヘンの溶接・接合事業部長に就任した田...

mt:ContentLabel>サムネイル

建設需要と設備投資

数年後には見慣れた景色が一変する。全国各地でターミナル駅や繁華街の再開発計画が進...

mt:ContentLabel>サムネイル

使いやすい溶接機

将来懸念されている生産年齢人口の減少は、慢性的な溶接技能士不足をさらに加速させる...