【カミヤ先生】[DIY Q&A]棚の作り方のセオリーって?初心者でも基本を抑えれば簡単!サムネイル

【カミヤ先生】[DIY Q&A]棚の作り方のセオリーって?初心者でも基本を抑えれば簡単!

投稿日時
2021/06/14 03:40
更新日時
2021/06/15 12:02

カミヤ先生

【DIY Q&A】棚の作り方のセオリーって?初心者でも基本を抑えれば簡単!

視聴者の「棚」の疑問に、カミヤ先生が丁寧に回答。悩みをすっきり解決へ。

モノづくり系ユーチューバーの「カミヤ」先生が、視聴者の「棚の作り方のセオリーは?」の疑問にお答えする動画です。カミヤ先生の動画チャンネルなどに寄せられた、棚づくりに対する疑問に対し、先生が一つひとつ、ホワイトボードで絵をかきながら、丁寧に答えていきます。初心者も中級者も、棚を作りたい人はぜひ、ご参考に。

カミヤ先生によると、「DIYなので、完全な正解はそれほどない」とのこと。でも、カミヤ先生の豊富な棚づくりの経験から導き出された、作りやすい、強度が高い、使いやすいセオリーがいくつかあるそうです。

参考パターンにしたのは、幅80ミリ、高さ180ミリ、板材20ミリの棚です。
質問では例えば、①「横面の板で上面を挟む」、もしくは②「上下の板で側面の板を挟む」のどちらが、良いのか?というものがありました。カミヤ先生によると、「上に重いものをのせるなら、②の上下で挟むほうが、側面の板に荷重をかけやすくてよい」そうですが、「背板をつけるなどの補助を施せば、①でも問題はそれほどない」とのことです。

ただ、「作りやすさ」で比べるのなら、断然、②のほうが作りやすいのだとか。なぜ、②のほうが作りやすいのか、カミヤ先生の丁寧な解説を聞いてみてくださいね。
また、板材の材質による違い、ビスの長さ、半ネジか全ネジか、何本くらいどうとめればよいのか、塗装は蜜蝋ワックスでも良い?など、細かな疑問に対しても丁寧に回答し、その理由を解説してくれています。ここまで丁寧に教えてくれると、ド素人の私でも、棚づくりにチャレンジしてみようかな?という気持ちになりますね。

最後数分にある補足の動画では、「高さ1800ミリの棚は高いので、2段に分割してビス止めする方法」もあると紹介しています。強度が保てる固定のポイントも教えてくれていますから、安心感があります。

「カミヤ先生のDIY家具教室」はチャンネル登録者数11.1万人(2021年5月時点)の人気チャンネルです。木工DIYについて分かりやすく元気に解説し、DIY初心者はもちろんヘビーユーザーにも圧倒的な人気を誇ります。作業の方法や道具の使い方のみならず、DIY作品の販売方法なども発信しています。

企業動画一覧

関連動画

mt:ContentLabel>サムネイル

【WelderChannel】Your Rolling skills ...

Your Rolling skills will definitely improve. For those who want a beautiful appearance. (tigwelding) 必ずローリングが上達します。外観を綺麗にしたい人向け tigwelding

mt:ContentLabel>サムネイル

【Welder Channel】The advantage of la...

The advantage of large diameter nozzles – Easy to weld to gold color beads. 大口径ノズルの利点―金色ビードの溶接が簡単に出来ます

mt:ContentLabel>サムネイル

【くっすんガレージモーターズ】オリジナルEV製作中⑤FRP失敗…いろい...

オリジナルEV製作中⑤FRP失敗…いろいろあったけど僕たちは元気です

mt:ContentLabel>サムネイル

【くっすんガレージモーターズ】オリジナルEV製作中⑥起死回生!フレーム...

オリジナルEV製作中⑥起死回生!フレーム&ボディを同時進行で仕上げていく

関連記事

mt:ContentLabel>サムネイル

プロが欲しがる作業工具

モノづくり現場に欠かせない「作業工具」。機械化や自動化が進む中、まだまだハンドツ...

mt:ContentLabel>サムネイル

活用の場 広がるパワーツール

「電気」「油圧」「エアー」を駆動源にするパワーツールは高出力化やバッテリーの大容...

mt:ContentLabel>サムネイル

作業工具の進化と真価 <1>

時代が変われど褪せぬ魅力を放つ作業工具。 その「進化と真価」を探るべく、作業工...

mt:ContentLabel>サムネイル

作業工具の進化と真価 <2>

時代が変われど褪せぬ魅力を放つ作業工具。その「進化と真価」を探るべく、作業工具メ...