【山金工業】ワークテーブル昇降傾斜タイプ〜移動楽々 ピッタリの角度・高さに調整可能サムネイル

【山金工業】ワークテーブル昇降傾斜タイプ〜移動楽々 ピッタリの角度・高さに調整可能

投稿日時
2023/12/14 02:19
更新日時
2023/12/18 09:31

この動画へのお問い合わせ

山金工業株式会社

作業の手元まで移動
使い勝手のいい書見台

高さ調整、角度調整楽々のワークテーブル
資料や図面などを作業のお手元にさっと移動

「資料や図面なんて適当に壁に貼っておけばいいでしょ」「ホワイトボード持ってきて回覧すれば十分でしょ」などとズボラなことをしていると、整理整頓も効率化もなかなか進まないのではないでしょうか。作業場所から、いちいち壁に張った図面や資料を見にいくのは結構面倒。とはいえ大きなホワイトボードを移動させて回覧するとなると邪魔になります。

資料や図面などをいつでも見られるようにしておきたいという、痒いところに手が届く製品が山金工業のワークテーブル昇降傾斜タイプです。作業している場所に持っていけるので、動線を最小化できますし、ピッタリの角度に調整できるので、立ち仕事でも座り仕事でも快適に作業できます。

テーブルに資料を置く場所がなくても、壁に貼り付けなくても、ワークテーブル昇降傾斜タイプに乗せて、作業現場のすぐ近くで見ることができる優れものです。

同製品の特徴は大きく2つ。「天板はワンタッチ操作で、作業者が使いやすい高さに800~1100mmの範囲で、20mmごとに調整できる点。そして天板傾斜は水平から90度の範囲内で15度ごとに調整できる点です。
 
均等耐荷重は20kg。天板サイズは、幅600mm、奥行き450mm。天板手前にはコボレ止めを装着しています。

オプションの「マグネット用天板カバー」をセットすれば、図面や指示書などをマグネットで固定することがで きます。キャスターがついていますので作業をしたい場所まで自在にラクに移動できます。

「書見台として、組み立て作業や在庫管理のパートナーとしてご活用ください」(同社担当者)とアピールしています。

企業動画一覧

関連動画

関連記事

mt:ContentLabel>サムネイル

【2024年モノづくり展望】難局を「乗り越える」

モノづくり業界を牽引する工作機械。だが、その需要はもともと景気変動に左右されやす...

mt:ContentLabel>サムネイル

日本再興のカギ「脱炭素」 

脱炭素が日本の成長、会社の利益につながるイメージを持てるか

mt:ContentLabel>サムネイル

新たな化学物質規制を攻略せよ

日本の労働安全衛生が転換期を迎えた。職場に存在する様々な有害物質のうち、事業者に...

mt:ContentLabel>サムネイル

BtoBからはじめる 脱炭素社会への貢献

突発的なエネルギー価格高騰への対応力強化や、カーボンニュートラル実現の観点から、...