【なんとか重工】ハンドタッピングマシンを作る【前編】サムネイル

【なんとか重工】ハンドタッピングマシンを作る【前編】

投稿日時
2022/06/24 05:02
更新日時
2022/06/27 09:20

なんとか重工

ハンドタッピングマシンを作る【前編】

ハンドタップでのタッピングは難しい。「ならば!」

サスペンスドラマでよく流れそうな、緊張感をあおる音楽が冒頭から続く。画面は暗めで、よからぬ事件の勃発を示唆するようでもある…。

気づくと金属ネジらしきものが次第に映し出されるのだが、そのねじは「ピサの斜塔」よろしく、斜めにねじ込まれてしまって、どうにも使えそうにない。そう、ネジを切る「タップ加工」をハンドツールで行った結果、こうなってしまった。よく起きることらしい…。

ならばと、優れものの「ハンドタッピングマシン」を作るべく立ち上がったのが、チャンネル登録者数10万人越え(2022年6月時点)のモノづくり系人気ユーチューバー「なんとか重工」だ。【前編】と【後編】の2つの動画で、ハンドタッピングマシン完成までの道のりを記録。本動画はその前編である。

前編では、アルミの角材の面を平らに面取りをし、ヘリカル穴加工や形状加工を経て、ハンドタッピングマシン主要部品を制作する。アルマイト・染色処理をし、レーザーマーキングを行う過程までを収録した。続きは後編へ。

企業動画一覧

関連動画

関連記事

mt:ContentLabel>サムネイル

最新CAD/CAMが導く劇的「生産性向上」

近年、3DCAD/CAMによる設計が急速に拡大している。加工データの3D作成は、...

mt:ContentLabel>サムネイル

まだ高まる鍛圧機械の生産性

生産設備にIoT、AIなどのデジタル技術が活用され、生産性のさらなる向上に期待が...

mt:ContentLabel>サムネイル

山形カシオ×ハイオス「Made in Japan貫く」

さくらんぼや西洋ナシ、アケビなどの果物収穫量で全国一を誇り、すべての市町村に温泉...

mt:ContentLabel>サムネイル

【特別対談】工作機械の未来を考える

中村 匠吾 氏(中村留精密工業社長)と清水 伸二 氏(日本工業大学工業技術博物館...