【ロブテックス】オートリベッティングユニット「ARU211M」サムネイル

【ロブテックス】オートリベッティングユニット「ARU211M」

投稿日時
2020/11/14 09:33
更新日時
2021/06/17 01:00

(株)ロブテックス

リベッティング自動化による作業効率向上

作業現場の省人化・省力化により人材の有効活用を図る

株式会社ロブテックスのオートリベッティングユニット「ARU211M」はブランドリベットのリベッティング作業を自動化でき、人手不足や人材不足を解消します。

ブラインドリベットはオートリベットフィーダーとヘッドユニットが離れていても圧縮エアーにより自動で供給。コンパクトなヘッドユニットは同社独自のリベッター回転方式により、確実なリベット装填とハイスピードリベッティングを両立しました。

さらに、従来機種でロボット動作の制約となっていた油圧ホースをなくし、ヘッドユニットに動力部(ブースター)を一体化。これによりロボットの動作速度を上げる事ができ、1日あたり1万本以上のリベッティングが可能になりました。

動画で紹介している多関節ロボットへの取り付けのほか、直交ロボットやハンドバランサーとの組み合わせも可能です。

「当社スタッフがお客様の元へ訪問し、現場に合ったソリューションを提案します」。

企業動画一覧

関連動画

関連記事

mt:ContentLabel>サムネイル

労働環境を変える「物流施設」

「物流施設」と聞いて思い浮かべるのはどのような光景だろうか。もし真っ先に浮かぶの...

mt:ContentLabel>サムネイル

後工程効率化

モノづくりのQCDを左右する後工程から「研削研磨・洗浄・バリ取り」にスポットを当...

mt:ContentLabel>サムネイル

建設需要と設備投資〜メーカーに聞く

鉄骨に代表される大型構造物に向けた提案をダイヘンの溶接・接合事業部長に就任した田...

mt:ContentLabel>サムネイル

建設需要と設備投資

数年後には見慣れた景色が一変する。全国各地でターミナル駅や繁華街の再開発計画が進...