【日東工器】ブラシレスデルボCシリーズ DLV45Cサムネイル

【日東工器】ブラシレスデルボCシリーズ DLV45C

投稿日時
2020/11/05 06:07
更新日時
2021/08/26 11:05

この動画へのお問い合わせ

日東工器(株)

30通りの設定、1本のドライバに集約

複数のねじ締め作業、ミスを防いで高効率に

日東工器株式会社のブラシレスデルボ Cシリーズ「DLV45C」は、1台で30通りの設定ができる電動ドライバです。電子機器や自動車部品の組立工程のねじ締め作業に最適です。

従来のねじ締め作業は電動ドライバを複数台使用するため、取り間違いによる締付不良や作業効率の低下を招きやすい難点がありました。「DLV45C」なら複数の電動ドライバによる作業を1台に集約でき、ミスを防いで高効率な作業が可能になります。

「DLV45C」は従来のクラッチ式と異なる、トルク電流制御式の電動ドライバです。独自の電流制御技術を用いて1台で最大30通りのトルク設定、ねじ締め条件を実現できるため、複数の電動ドライバを1台に集約することが可能です。

ねじ締め時間の設定は「時間」と「モータ回転信号」の2種類。組立品質の向上と安定化締め付け工法を提供する「自動逆転(オートリバース)制御」、ねじ締めカウンタ機能、7色のLED表示機能も搭載しており、ヒューマンエラーを防止できます。また外部起動が可能なので、手持ちのみならず、ねじ締め自動機にも搭載可能です。

動画では9段階の回転速度調整機能や、3段階の自動速度可変機能など豊富な実演で、ブラシレスデルボ Cシリーズ「DLV45C」の特長をご紹介しています。

企業動画一覧

関連動画

関連記事

mt:ContentLabel>サムネイル

充実する協働ロボット・AGV・エンドアームツール

製造の国内回帰が相次いでいる。マツダは国内での部品生産を増やす方針を示し、セイコ...

mt:ContentLabel>サムネイル

【座談会】こんなに変わった! ロボット導入環境

産業用ロボットを取り巻く環境がずいぶんと変わり、ユーザーにとって導入ハードルが下...

mt:ContentLabel>サムネイル

物流分野で進むロボット・デジタル活用

― 6万人来場の国際物流総合展から ― 物流分野での自動化・省人化提案が盛んだ...

mt:ContentLabel>サムネイル

DXは労働生産性アップの救世主か

EV(電気自動車)シフトが鮮明になり、DX(デジタルトランスフォーメーション)が...