【展示会レビュー】国際ロボット展 会場レポート③サムネイル

【展示会レビュー】国際ロボット展 会場レポート③

投稿日時
2022/03/14 10:12
更新日時
2022/03/30 04:54

Mono Que

国際ロボット展 会場レポート③「北川鉄工所/ダイヘン/オークラ輸送機」
3月9日~12日に東京ビッグサイトで開催の「国際ロボット展2022」会場レポートです。

北川鉄工所はワークを把持した瞬間に測長を行うタイプや、防水防塵タイプなど多彩なロボットハンドを提案しました。

ダイヘンは新溶接システム「シンクロフィード・エボリューション」を展示。ハイテン材などEV生産に向く機能をアピールしました。

オークラ輸送機は積み下ろし作業に着目したデバンニングロボットを産学連携で開発。注目を集めました。

企業動画一覧

関連動画

関連記事

mt:ContentLabel>サムネイル

充実する協働ロボット・AGV・エンドアームツール

製造の国内回帰が相次いでいる。マツダは国内での部品生産を増やす方針を示し、セイコ...

mt:ContentLabel>サムネイル

【座談会】こんなに変わった! ロボット導入環境

産業用ロボットを取り巻く環境がずいぶんと変わり、ユーザーにとって導入ハードルが下...

mt:ContentLabel>サムネイル

物流分野で進むロボット・デジタル活用

― 6万人来場の国際物流総合展から ― 物流分野での自動化・省人化提案が盛んだ...

mt:ContentLabel>サムネイル

DXは労働生産性アップの救世主か

EV(電気自動車)シフトが鮮明になり、DX(デジタルトランスフォーメーション)が...