【展示会レビュー】国際ロボット展 会場レポート⑤サムネイル

【展示会レビュー】国際ロボット展 会場レポート⑤

投稿日時
2022/05/06 11:41
更新日時
2022/05/09 11:00

Mono Que

国際ロボット展 会場レポート⑤「人機一体/オカムラ/川崎重工業/ダイフク/THK/芝浦機械」
3月9日~12日に東京ビッグサイトで開催された「国際ロボット展2022」の会場レポートです。

人型がやっぱり魅力的?

株式会社人機一体が展示した巨大な高所作業用ロボット「零式人機」は、鉄道や道路などのインフラ設備のメンテナンスでの使用が想定されています。

株式会社オカムラは双腕ピッキングロボットの遠隔操作を提案しました。ロボット単独では難しい作業を待機中のオペレーターが補い、遠隔から作業を支援するというものです。

様々な形態のロボットを提案した川崎重工業株式会社は、ヒューマノイドやヤギ型ロボットによるデモンストレーションで多くの来場者を集めました。

株式会社ダイフクはワイヤレス充電システム「D-PAD」の100A仕様を初公開しました。より大型なAGVやモバイルマニピュレータ(AGV+ロボットアーム)への使用が期待されます。走行中充電可能な「HID-PAD」も参考出展しました。

THK株式会社は独自開発のサインポストを車体前方の大きなカメラで認識して走行するAGVを展示しました。サインポストを変更するだけで急なレイアウト変更にも対応できるのが特徴です。加えて、明和電気とのコラボでは子供から大人まで笑顔にしました。

芝浦機械株式会社は台車をそのまま搬送できるAGVと部屋の扉の開け閉めや台車の取り出しなどを行える双腕ロボットを参考出展しました。双腕部と走行部全てを一括で制御することで、移動しながらモノをつかむといった一連の動作を停止することなく行えます。

企業動画一覧

関連動画

関連記事

mt:ContentLabel>サムネイル

2023:次代へのチャレンジ【6分野をチェック】

「2023年の世界経済は過去30年で3番目に低い成長率になる」。1月、世界銀行が...

mt:ContentLabel>サムネイル

BtoBから実現する脱炭素社会への貢献

世界が 2050年の脱炭素社会を目指す中で、製造業の脱炭素への方針転換が強く求め...

mt:ContentLabel>サムネイル

プロが欲しがる作業工具

モノづくり現場に欠かせない「作業工具」。機械化や自動化が進む中、まだまだハンドツ...

mt:ContentLabel>サムネイル

充実する協働ロボット・AGV・エンドアームツール

製造の国内回帰が相次いでいる。マツダは国内での部品生産を増やす方針を示し、セイコ...