【ダイフク】超高密度パレット自動倉庫「シャトルラックD³」サムネイル

【ダイフク】超高密度パレット自動倉庫「シャトルラックD³」

投稿日時
2021/03/29 04:19
更新日時
2021/03/29 05:44

この動画へのお問い合わせ

(株)ダイフク

大ロット品を自動で超高密度保管

入出庫を自動化。先入れ先出しを確実にし、物流品質向上へ

株式会社ダイフクの超高密度パレット自動倉庫「シャトレラックD³」は、パレット単位での超高密度保管を実現したディープストレージ型自動倉庫です。食品・化学メーカーの倉庫、大量の輸入品を扱う物流センターなど、従来は平置きや直積みしていた大ロット製品や原料の効率保管に最適です。

入出庫の自動化により、商品を探したり、荷繰り作業が不要となり、フォークリフト作業が大幅に削減できます。これにより労働環境が向上するほか、人手不足対策にも効果的です。保管レーン単位・ロット単位での先入れ先出しが確実にでき、物流品質を向上することが可能です。

D³システムは、入出庫コンベヤ、垂直リフター、各段に親子各1台のシャトル、保管レーンで構成され、1レーンにつき1ロットを保管します。シャトルへの通信は専用の無線LANを用い、制御PC、親台車、子台車の相互間でリアルタイムに連携を取りながらスムーズに入出庫作業を行います。子台車はリチウムイオンバッテリを搭載しており、残容量に応じ親台車上で自動充電します。

企業動画一覧

関連動画

関連記事

mt:ContentLabel>サムネイル

充実する協働ロボット・AGV・エンドアームツール

製造の国内回帰が相次いでいる。マツダは国内での部品生産を増やす方針を示し、セイコ...

mt:ContentLabel>サムネイル

【座談会】こんなに変わった! ロボット導入環境

産業用ロボットを取り巻く環境がずいぶんと変わり、ユーザーにとって導入ハードルが下...

mt:ContentLabel>サムネイル

物流分野で進むロボット・デジタル活用

― 6万人来場の国際物流総合展から ― 物流分野での自動化・省人化提案が盛んだ...

mt:ContentLabel>サムネイル

DXは労働生産性アップの救世主か

EV(電気自動車)シフトが鮮明になり、DX(デジタルトランスフォーメーション)が...