【ダイフク】高能力ケース式自動倉庫「スマートストッカークアトロ」サムネイル

【ダイフク】高能力ケース式自動倉庫「スマートストッカークアトロ」

投稿日時
2021/03/29 04:24
更新日時
2021/03/29 05:48

この動画へのお問い合わせ

(株)ダイフク

最大4ケースの同時出庫を可能に

クレーン1台で2台の移載機。省スペースで高処理能力

株式会社ダイフクの高能力ケース式自動倉庫「スマートストッカークアトロ」は、ケース単位での高能力出荷を実現した自動倉庫です。1サイクルの動作で、最大4ケースの同時出庫を実現しました。

大量の部品・仕掛品や、原料・資材などを複数カテゴリーの物品を1基のケース自動倉庫で保管する場合、生産の切り替えや、繁忙期などは一時的に処理能力が不足になりがちです。そのため、従来は2台の自動倉庫を設置しピーク対応をしていましたが、設置スペースが拡大する課題がありました。

スマートストッカークアトロは、クレーン1台で2台の移載機を搭載、それぞれ独立して動くため、最大4ケースの同時作業が可能となり、処理能力向上と省スペース化の対応が可能となります。

企業動画一覧

関連動画

関連記事

mt:ContentLabel>サムネイル

2023:次代へのチャレンジ【6分野をチェック】

「2023年の世界経済は過去30年で3番目に低い成長率になる」。1月、世界銀行が...

mt:ContentLabel>サムネイル

BtoBから実現する脱炭素社会への貢献

世界が 2050年の脱炭素社会を目指す中で、製造業の脱炭素への方針転換が強く求め...

mt:ContentLabel>サムネイル

プロが欲しがる作業工具

モノづくり現場に欠かせない「作業工具」。機械化や自動化が進む中、まだまだハンドツ...

mt:ContentLabel>サムネイル

充実する協働ロボット・AGV・エンドアームツール

製造の国内回帰が相次いでいる。マツダは国内での部品生産を増やす方針を示し、セイコ...