【日東工器】ねじ締めモニタ「DTM10/DTM45」サムネイル

【日東工器】ねじ締めモニタ「DTM10/DTM45」

投稿日時
2022/02/06 06:11
更新日時
2022/02/21 09:32

この動画へのお問い合わせ

日東工器(株)

ねじ締めトレーサビリティ管理に

出力トルク(換算値)、ねじ締め時間の合否判定が可能

日東工器株式会社のねじ締めモニタ「DTM10/DTM45」は「ブラシレスデルボCシリーズ」に対応するねじ締めアクセサリです。

ドライバからのトルク値を出力(換算値)することで、IoT対応、トレーサビリティ管理が可能になります。トルクアップ時のモータの電流をトルク値に換算し、パソコンやPLC等の外部機器にデータ送信が可能です。

また専用ソフトは日東工器ホームページから無料でダウンロードできます。

企業動画一覧

関連動画

関連記事

mt:ContentLabel>サムネイル

最新CAD/CAMが導く劇的「生産性向上」

近年、3DCAD/CAMによる設計が急速に拡大している。加工データの3D作成は、...

mt:ContentLabel>サムネイル

まだ高まる鍛圧機械の生産性

生産設備にIoT、AIなどのデジタル技術が活用され、生産性のさらなる向上に期待が...

mt:ContentLabel>サムネイル

山形カシオ×ハイオス「Made in Japan貫く」

さくらんぼや西洋ナシ、アケビなどの果物収穫量で全国一を誇り、すべての市町村に温泉...

mt:ContentLabel>サムネイル

工場環境向上のすすめ

少子高齢化の最前線をひた走る日本。中長期的な生産年齢人口の大幅減少が見込まれるな...