【Welder Channel】[アーク溶接]棒がくっつかない簡単なスタートの方法紹介します 裏技ありstickweldingサムネイル

【Welder Channel】[アーク溶接]棒がくっつかない簡単なスタートの方法紹介します 裏技ありstickwelding

投稿日時
2021/04/23 02:54
更新日時
2021/04/23 05:16

Welder Channel(ウェルダーチャンネル)

【アーク溶接】棒がくっつかない簡単なスタートの方法紹介します 裏技ありstickwelding

溶接初心者必見! アーク発生がスムーズになる、簡単なコツを紹介

モノづくり系ユーチューバーの「Welder Channel」さんが、棒がくっつかない、アーク溶接の正しいスタート法などを紹介する動画です。溶接初心者必見の動画です!

動画では、①アーク溶接法の正しいスタート法、②低水素棒のスタートブロー対策、③すぐにアークを発生させる裏技―を実演で解説します。

アーク溶接のスタート手法には、主に、タッピング法とブラッシング法の2つがあります。まず、タッピング法とは、母材に棒をコンコンと押し当ててアークを発生させる手法です。もう一つの、ブラッシング法は母材に溶接棒をこすりつける手法。ブラッシング法のほうがアークを発生させやすいのですが、母材が痛むデメリットもあるのだとか。母材を痛めてはいけないステンレスの溶接などの場合は、タッピング法が向いていますね。それぞれ、実演でコツがよくわかります。なお、電撃防止装置を解除していますが、安全確保については、自己責任でお願いしますね。

低水素棒のスタートブロー対策についても詳しく紹介しています。捨て板でアークを発生させて母材に移るようにするとスタートブローが入らないのだとか。くっついてしまう場合は電流が低すぎる場合が多いようです。

「Welder Channel」は自称「溶接オタク」のWelderさんが、溶接技術を実践的に、かつ丁寧に解説している人気チャンネルです。チャンネル登録者数約3.6万人(2021年4月下旬)。動画内容は溶接の基本から資格対応に至るまで幅広く、溶接技術を高めたい人にピッタリのチャンネルです。

企業動画一覧

mt:ContentLabel>サムネイル

【Welder Channel】 パイプ溶接の方...

パイプ溶接の方法―トーチを浮かしてウィービング

mt:ContentLabel>サムネイル

【Welder Channel】 研ぎ方で裏波が...

研ぎ方で裏波が出やすくなる? タングステンの研磨角度について

mt:ContentLabel>サムネイル

【Welder Channel】ティグ溶接:酸洗...

ティグ溶接:酸洗不要なパワーブラシで3パターンの方法で焼け取りしてみた

mt:ContentLabel>サムネイル

【Welder Channel】高画質カメラ…。...

高画質カメラ…。新しいカメラで溶接撮影したら綺麗すぎて凄い分かりやすくなりました

関連動画

関連記事

mt:ContentLabel>サムネイル

建設需要と設備投資〜メーカーに聞く

鉄骨に代表される大型構造物に向けた提案をダイヘンの溶接・接合事業部長に就任した田...

mt:ContentLabel>サムネイル

建設需要と設備投資

数年後には見慣れた景色が一変する。全国各地でターミナル駅や繁華街の再開発計画が進...

mt:ContentLabel>サムネイル

使いやすい溶接機

将来懸念されている生産年齢人口の減少は、慢性的な溶接技能士不足をさらに加速させる...