【Welder Channel】[アーク溶接]棒がくっつかない簡単なスタートの方法紹介します 裏技ありstickweldingサムネイル

【Welder Channel】[アーク溶接]棒がくっつかない簡単なスタートの方法紹介します 裏技ありstickwelding

投稿日時
2021/04/23 02:54
更新日時
2021/04/23 05:16

Welder Channel(ウェルダーチャンネル)

【アーク溶接】棒がくっつかない簡単なスタートの方法紹介します 裏技ありstickwelding

溶接初心者必見! アーク発生がスムーズになる、簡単なコツを紹介

モノづくり系ユーチューバーの「Welder Channel」さんが、棒がくっつかない、アーク溶接の正しいスタート法などを紹介する動画です。溶接初心者必見の動画です!

動画では、①アーク溶接法の正しいスタート法、②低水素棒のスタートブロー対策、③すぐにアークを発生させる裏技―を実演で解説します。

アーク溶接のスタート手法には、主に、タッピング法とブラッシング法の2つがあります。まず、タッピング法とは、母材に棒をコンコンと押し当ててアークを発生させる手法です。もう一つの、ブラッシング法は母材に溶接棒をこすりつける手法。ブラッシング法のほうがアークを発生させやすいのですが、母材が痛むデメリットもあるのだとか。母材を痛めてはいけないステンレスの溶接などの場合は、タッピング法が向いていますね。それぞれ、実演でコツがよくわかります。なお、電撃防止装置を解除していますが、安全確保については、自己責任でお願いしますね。

低水素棒のスタートブロー対策についても詳しく紹介しています。捨て板でアークを発生させて母材に移るようにするとスタートブローが入らないのだとか。くっついてしまう場合は電流が低すぎる場合が多いようです。

「Welder Channel」は自称「溶接オタク」のWelderさんが、溶接技術を実践的に、かつ丁寧に解説している人気チャンネルです。チャンネル登録者数約3.6万人(2021年4月下旬)。動画内容は溶接の基本から資格対応に至るまで幅広く、溶接技術を高めたい人にピッタリのチャンネルです。

企業動画一覧

mt:ContentLabel>サムネイル

【Welder Channel】[アーク溶接の基...

【アーク溶接の基本♪】プールに注目‼︎ 簡単な溶接方法‼︎ stickweldi...

mt:ContentLabel>サムネイル

【Welder Channel】[溶接資格N-2...

【溶接資格N-2F】基本級下向き アーク溶接の外観を綺麗にするコツも解説している...

mt:ContentLabel>サムネイル

【WelderChannel】必ずローリングが上...

必ずローリングが上達します。外観を綺麗にしたい人向け tigwelding

mt:ContentLabel>サムネイル

【Welder Channel】[ティグ溶接]カ...

【ティグ溶接】カーボン250A 板厚6ミリ ローリング溶接

関連動画

mt:ContentLabel>サムネイル

【Welder Channel】[アーク溶接の基...

【アーク溶接の基本♪】プールに注目‼︎ 簡単な溶接方法‼︎ stickwelding

mt:ContentLabel>サムネイル

【なんとか重工】30万円の旋盤を調整したら0.0...

モノづくり系YouTuber 「なんとか重工」の旋盤の精度調整実演動画〜1

mt:ContentLabel>サムネイル

【なんとか重工】【旋盤】史上最強の腹筋ローラーを...

モノづくり系YouTuber 「なんとか重工」の旋盤加工実演動画〜2《Make the strongest Ab Wheel!》

mt:ContentLabel>サムネイル

【Welder Channel】[溶接資格N-2...

【溶接資格N-2F】基本級下向き アーク溶接の外観を綺麗にするコツも解説している参考動画stick welding

関連記事

mt:ContentLabel>サムネイル

使いやすい溶接機

将来懸念されている生産年齢人口の減少は、慢性的な溶接技能士不足をさらに加速させる...