【Swap lamp(スワップランプ)】旋盤で小径加工に挑戦/ Challenge ultra-fine rods with a lathe.サムネイル

【Swap lamp(スワップランプ)】旋盤で小径加工に挑戦/ Challenge ultra-fine rods with a lathe.

投稿日時
2021/05/10 03:14
更新日時
2022/03/02 10:27

Swap lamp(スワップランプ)

旋盤で小径加工に挑戦/ Challenge ultra-fine rods with a lathe.

極細加工に挑む「けずりんチャレンジ」、成功なるか?

モノづくり系ユーチューバーの「Swap lamp(スワップランプ)」さんが、旋盤の小径加工に挑戦する動画です。今回は、番外編と称し、ものづくり系ユーチューバーとして知られる「けずりん」さんのお題(けずりんチャレンジ)に挑戦しました。使用した旋盤は、ワシノ「LR-55A」。 使用した刃物は高周波精密ハイス(NK4)付刃バイトです。

チャレンジするのは、シャープペンシルの芯より細い、極細加工。直径0.07mm、長さ20mm、そして直径0.1mm長さ20ミリ、直径0.12mm、長さ20mmの加工に挑戦します。ブランク材からじっくり削り、どんどん極細になっていく…。回転しながらプルプル触れる極細のワークが削っている途中で折れやしまいか、ガタガタになるのでは?と、視聴者はドキドキしながら見守ることになるでしょう。

Swap lampさんによると、「日本の金属加工技術が優れていたのはこういった扱い易くて高精度、高耐久な工作機械や高品質で優れた工具のおかげだと思います」とのことです。


Swap lampチャンネルの登録者数は5.2万人(2021年5月時点)。モノづくり系の動画に特化し、じっくり加工を確かめられる人気チャンネルです。Swap lampさんによると、「動画は多くの方に楽しんでいただけるように見栄えを考慮しており、仕事で行う作業とは異なるものを撮影しています。 機械の破損や怪我の可能性を伴う作業もありますのでエンターテイメントとしてお楽しみ下さい」とのことです。

関連動画

関連記事

mt:ContentLabel>サムネイル

最新CAD/CAMが導く劇的「生産性向上」

近年、3DCAD/CAMによる設計が急速に拡大している。加工データの3D作成は、...

mt:ContentLabel>サムネイル

まだ高まる鍛圧機械の生産性

生産設備にIoT、AIなどのデジタル技術が活用され、生産性のさらなる向上に期待が...

mt:ContentLabel>サムネイル

山形カシオ×ハイオス「Made in Japan貫く」

さくらんぼや西洋ナシ、アケビなどの果物収穫量で全国一を誇り、すべての市町村に温泉...

mt:ContentLabel>サムネイル

【特別対談】工作機械の未来を考える

中村 匠吾 氏(中村留精密工業社長)と清水 伸二 氏(日本工業大学工業技術博物館...