【リンクウィズ株式会社】L-ROBOT/L-QUALIFYサムネイル

【リンクウィズ株式会社】L-ROBOT/L-QUALIFY

投稿日時
2021/02/12 02:27
更新日時
2021/02/12 03:28

この動画へのお問い合わせ

リンクウィズ(株)

ロボット自ら考えて動く3次元形状処理技術

LINKWIZのコア技術 3次元形状処理技術とは?

「バラつきのあるワークに対しては、いちいちティーチングしなければロボットは正確に動かない」、「手間がかかるのは仕方ない」。そんなユーザーの固定概念を打ち壊せるのが、リンクウィズの3次元処理技術を活用したロボットシステムだ。

リンクウィズでは、ロボットティーチングを自動化する「L-ROBOT」、そして目視検査を自動化できる「L-QUALIFY」を開発し、自動車業界を中心に多くのユーザーから好評を集めている。

これら同社主力システムのコアとなる3次元処理技術は、ロボット活用シーンをどう変えていくのだろうか。また、他社になしえない強みとは? リンクウィズの創業社長である吹野豪社長にじっくり話を聞いてみた。

関連動画

関連記事

mt:ContentLabel>サムネイル

最新CAD/CAMが導く劇的「生産性向上」

近年、3DCAD/CAMによる設計が急速に拡大している。加工データの3D作成は、...

mt:ContentLabel>サムネイル

山形カシオ×ハイオス「Made in Japan貫く」

さくらんぼや西洋ナシ、アケビなどの果物収穫量で全国一を誇り、すべての市町村に温泉...

mt:ContentLabel>サムネイル

2022国際ロボット展レポート<1>

東京ビッグサイト(東1〜8ホールと西3・4ホール)で3月12日までの4日間開かれ...

mt:ContentLabel>サムネイル

2022国際ロボット展レポート<2>

東京ビッグサイトで3/12までの4日間開かれた「2022国際ロボット展」に62,...