【リンクウィズ株式会社】L-ROBOT/L-QUALIFYサムネイル

【リンクウィズ株式会社】L-ROBOT/L-QUALIFY

投稿日時
2021/02/12 02:27
更新日時
2021/02/12 03:28

リンクウィズ(株)

ロボット自ら考えて動く3次元形状処理技術

LINKWIZのコア技術 3次元形状処理技術とは?

「バラつきのあるワークに対しては、いちいちティーチングしなければロボットは正確に動かない」、「手間がかかるのは仕方ない」。そんなユーザーの固定概念を打ち壊せるのが、リンクウィズの3次元処理技術を活用したロボットシステムだ。

リンクウィズでは、ロボットティーチングを自動化する「L-ROBOT」、そして目視検査を自動化できる「L-QUALIFY」を開発し、自動車業界を中心に多くのユーザーから好評を集めている。

これら同社主力システムのコアとなる3次元処理技術は、ロボット活用シーンをどう変えていくのだろうか。また、他社になしえない強みとは? リンクウィズの創業社長である吹野豪社長にじっくり話を聞いてみた。

関連動画

mt:ContentLabel>サムネイル

【Welder Channel】ティグ溶接:酸洗...

ティグ溶接:酸洗不要なパワーブラシで3パターンの方法で焼け取りしてみた

mt:ContentLabel>サムネイル

【Welder Channel】高画質カメラ…。...

高画質カメラ…。新しいカメラで溶接撮影したら綺麗すぎて凄い分かりやすくなりました

関連記事

mt:ContentLabel>サムネイル

物流最適化

材料調達から生産、保管、配送までの期間が短くなっている。限られたスペースと人数で...

mt:ContentLabel>サムネイル

後工程効率化

モノづくりのQCDを左右する後工程から「研削研磨・洗浄・バリ取り」にスポットを当...

mt:ContentLabel>サムネイル

建設需要と設備投資〜メーカーに聞く

鉄骨に代表される大型構造物に向けた提案をダイヘンの溶接・接合事業部長に就任した田...

mt:ContentLabel>サムネイル

建設需要と設備投資

数年後には見慣れた景色が一変する。全国各地でターミナル駅や繁華街の再開発計画が進...