【ミクロンチャンネル】電撃走る、真っ赤に熱した丸棒をバイトで削ると…サムネイル

【ミクロンチャンネル】電撃走る、真っ赤に熱した丸棒をバイトで削ると…

投稿日時
2022/05/29 08:45
更新日時
2022/05/30 09:15

ミクロンチャンネル

電撃走る、真っ赤に熱した丸棒をバイトで削ると…

負荷が低減し、荒加工に好適?

チャンネル登録者数約2万人(2022年5月現在)のモノづくり系ユーチューバー・ミクロンチャンネルが面白いというか、「えっアナタ何すんのヨ!」的な、危なそうな加工実験に挑んだのが今回の作。

旋盤にとりつけた丸棒(S45C)を、超高温が持ち味のアセチレンガスで徹底的に炙って真っ赤にし、その状態のままバイトで削るという、ちょっと無謀な(?)実験をスタート。「チップが飛んでしまう?」、「皆さん真似せんといてください」などと言いつつ、楽しそうに実験する様子がやはり危なっかしいが、なんと意外な結果に。

真っ赤な炭素鋼にバイトをあてると、雨雲を駆けるカミナリのように、赤黄色の切粉がスルスルとワークから飛び出してくる。それは「めっちゃきれい」(動画内発言)であり、切粉が長く伸びる様子は負荷抵抗が無い証でもあった! 

ミクロンチャンネルでは「MCナイロン(エンジニアプラスチックの一つ)のように削れる」といい、チップもバイトも傷んでいない、機械音が静かで無理なく削れるなどと「いい発見」に出会って満足感いっぱいの様子。「次回、ステンでもやってみるか」と、さらに前向きに。

企業動画一覧

関連動画

関連記事

mt:ContentLabel>サムネイル

検証 JIMTOF2022

新設の南展示棟を含めた東京ビッグサイト全館(展示面積11万8540㎡)を使って4...

mt:ContentLabel>サムネイル

【特別寄稿】新型コロナ禍後のベトナム元気!

3年ぶり訪問記 上田 義朗 (流通科学大学教授・日本ベトナム経済交流センター副...

mt:ContentLabel>サムネイル

【JIMTOF2022】工作機械技術トレンド

従来からJIMTOFは新製品・新技術発表の舞台として捉えられ、これまで同時5軸加...

mt:ContentLabel>サムネイル

高度化する工作機械

多軸・複合・見える化する工作機械は操作方法も大きく変わりつつある。