【Welder Channel】カーボンパイプをターンテーブル+三層溶接で仕上げサムネイル

【Welder Channel】カーボンパイプをターンテーブル+三層溶接で仕上げ

投稿日時
2022/03/21 07:25
更新日時
2022/03/22 01:25

Welder Channel(ウェルダーチャンネル)

カーボンパイプをターンテーブル+三層溶接で仕上げ

小刻みローリングの仕上げ、裏波みせながら全工程解説

板厚4mmのカーボンパイプ同士(隙間約3.3mm)を、ターンテーブルを利用しながら3層仕上げで溶接。その全工程を動画にしたのがこの作品です。

各層溶接における作業のポイントを、実演解説と溶接部の拡大動画・画像でユーチューバー、ウェルダーチャンネルさんが伝えます。高さの揃った裏波の状態を披露したり、カーボン溶接とステンレス溶接の違いを細やかに語ったり、カーボン溶接に必要な手の動きをボソボソと話したり。また「やはり8の字を描くような小刻みなローリングをひたすら続けるのが大事」などとつぶやいたり…。

そうこうするうち溶接は完成。ターンテーブルによって安定したビードが出続け、手の技術とツール(テーブル)がかみ合った結果、作業はばっちりのよう。

企業動画一覧

関連動画

関連記事

mt:ContentLabel>サムネイル

建設需要と設備投資〜メーカーに聞く

鉄骨に代表される大型構造物に向けた提案をダイヘンの溶接・接合事業部長に就任した田...

mt:ContentLabel>サムネイル

建設需要と設備投資

数年後には見慣れた景色が一変する。全国各地でターミナル駅や繁華街の再開発計画が進...

mt:ContentLabel>サムネイル

使いやすい溶接機

将来懸念されている生産年齢人口の減少は、慢性的な溶接技能士不足をさらに加速させる...