【トクピ製作所】 超高圧クーラントユニットHIPRECOサムネイル

【トクピ製作所】 超高圧クーラントユニットHIPRECO

投稿日時
2020/11/12 08:17
更新日時
2022/01/06 10:12

この動画へのお問い合わせ

(株)トクピ製作所

切りくず分断×工具延命×条件アップ

ノンステップ加工で周速8倍に

クーラントの圧力を7~30MPaまで高めたらどうなるのか。その効果を、周速6~8倍に引き上げたノンステップ加工で見せます。

株式会社トクピ製作所の「ハイプレッシャーブレーカ」とも呼ばれる加工法は、高圧クーラントを加工時にめくれた切りくずの下にピンポイントで当てるというもの。ワークや主軸に絡まる切りくずを細かく分断できるうえ、刃先やワークの温度上昇を抑えることで、工具延命と加工条件アップができます。

インコネル、ステンレス、チタン、ハステロイ、超硬などの「難削材」に対しても有効。チップブレーカが利かない仕上げ加工、純銅のような軟らかい被削材にも使えます。外径・内径旋削のほか、深穴、ねじ溝、研削などでも実証済みです。

企業動画一覧

関連動画

関連記事

mt:ContentLabel>サムネイル

INTERMOLD2024レポート

INTERMOLD2024(第35回金型加工技術展)/金型展2024/金属プレス...

mt:ContentLabel>サムネイル

生産性を飛躍的に高める切削工具

切削加工における生産性向上を図る上で、もっとも費用対効果が高いと言われている「切...

mt:ContentLabel>サムネイル

狭まる「脱炭素包囲網」

すでに深く浸透したカーボンニュートラル(CN)というワード。「またその話か」と顔...

mt:ContentLabel>サムネイル

【トップ対談】オーエスジー×山善

事業のベクトルは同じです。協業を深め、ともに未来を切拓いていきましょう。国内を代...