【柳瀬×中国コイケ】熟練の研磨技術をロボットに代替サムネイル

【柳瀬×中国コイケ】熟練の研磨技術をロボットに代替

投稿日時
2022/07/20 12:19
更新日時
2022/07/20 01:02

この動画へのお問い合わせ

柳瀬(株)

【特別対談】柳瀬×中国コイケ〜熟練の研磨技術をロボットに代替

中国地区パートナー・中国コイケが見るFerRoboticsの可能性

オーストリアのエンドエフェクタメーカー、FerRobotics(ファーロボティクス)社の日本代理店である柳瀬。FerRobotics製エンドエフェクタはロボットに感度を持たせるユニークな技術を備えており、ここに柳瀬が培ってきた研磨の知見を加えることで、研磨工程における高次元の自動化を実現します。

本動画で対談を行うのは、柳瀬の柳瀬孝之社長と、中国地区におけるエリアパートナーとして柳瀬と協業する 中国コイケの要田能孝社長。柳瀬社長が聞き手になり、要田社長が考えるFerRobotics製エンドエフェクタのメリットに焦点を当てます。

FerRobotics製エンドエフェクタは加工中の接触力の差を高速で自動補正することが可能。35mm-98mm間での自動追従ができるため、ラフなティーチングでもしっかり削れるという柔軟さを持ちます。要田社長も「協働ロボットの利点である簡単さをさらに強化できると思いました」と太鼓判を押しました。

板金・製罐工場への設備提案を長年行ってきた中国コイケですが、グラインダー作業は負荷も高く、自動化の要望も多い工程だったそう。従来のシステムでは人の手の感覚の際現に課題がありましたが、「FerRobotics製品ならハードな削りも早く正確にコントロールできる」と語ります。

SIerの目線で語られるFerRobotics製エンドエフェクタの利点、必見です。

企業動画一覧

関連動画

関連記事

mt:ContentLabel>サムネイル

【2024年モノづくり展望】難局を「乗り越える」

モノづくり業界を牽引する工作機械。だが、その需要はもともと景気変動に左右されやす...

mt:ContentLabel>サムネイル

日本再興のカギ「脱炭素」 

脱炭素が日本の成長、会社の利益につながるイメージを持てるか

mt:ContentLabel>サムネイル

新たな化学物質規制を攻略せよ

日本の労働安全衛生が転換期を迎えた。職場に存在する様々な有害物質のうち、事業者に...

mt:ContentLabel>サムネイル

BtoBからはじめる 脱炭素社会への貢献

突発的なエネルギー価格高騰への対応力強化や、カーボンニュートラル実現の観点から、...