【MSTコーポレーション】焼ばめホルダ「スリムライン」サムネイル

【MSTコーポレーション】焼ばめホルダ「スリムライン」

投稿日時
2020/11/03 09:02
更新日時
2022/06/29 06:23

この動画へのお問い合わせ

(株)MSTコーポレーション

「焼ばめ」で、強力かつ高精度にチャッキング

微細精密加工から重切削加工まで、あらゆる加工シーンに最適

MSTコーポレーションの焼ばめホルダ「スリムライン」は、従来の締め付け方式とは全く異なる、材料の熱膨張と収縮する性質を利用したホルダです。ツールホルダを加熱・冷却することで、超硬工具を強力かつ高精度にチャッキングすることができます。

スリムラインは、コレット・ナットなどの工具を締付けるための部品がないシンプルな構造。あらゆるホルダの中で、最もスリムな形状を実現しました。ワーク形状に合わせ3000種類のバリエーションから選択できる「モノ3°」、干渉を回避しつつ高剛性を確保した「モノカーブ」は5軸加工に最適。振れ精度0.5ミクロン以内を実現した「BLACK UNO」は微細小径加工で威力を発揮します。びびりや急激な切削負荷でもエンドミルがホルダから抜けない「ハイパーバージョン」は重切削加工に最適です。

動画では、スリムラインの豊富なラインアップを紹介します。様々な加工シーンに最適なフォルムを豊富に取り揃えており、加工のスピードアップ、工具の長寿命化、加工精度の向上、コストダウンなどに大きく貢献できます。

企業動画一覧

関連動画

関連記事

mt:ContentLabel>サムネイル

最新CAD/CAMが導く劇的「生産性向上」

近年、3DCAD/CAMによる設計が急速に拡大している。加工データの3D作成は、...

mt:ContentLabel>サムネイル

まだ高まる鍛圧機械の生産性

生産設備にIoT、AIなどのデジタル技術が活用され、生産性のさらなる向上に期待が...

mt:ContentLabel>サムネイル

山形カシオ×ハイオス「Made in Japan貫く」

さくらんぼや西洋ナシ、アケビなどの果物収穫量で全国一を誇り、すべての市町村に温泉...

mt:ContentLabel>サムネイル

【特別対談】工作機械の未来を考える

中村 匠吾 氏(中村留精密工業社長)と清水 伸二 氏(日本工業大学工業技術博物館...