【MSTコーポレーション】ワーク取付治具システム「スマートグリップ」サムネイル

【MSTコーポレーション】ワーク取付治具システム「スマートグリップ」

投稿日時
2020/11/03 09:10
更新日時
2021/02/04 05:30

この動画へのお問い合わせ

(株)MSTコーポレーション

スマートで強力なクランプの治具システム

多面加工での工程集約やワーク自動交換の自動化対応に最適

MSTコーポレーションの「スマートグリップ」は、5軸マシニングセンタや、ロータリーテーブル搭載の3軸マシニングセンタ用に開発されたワーク取付治具システムです。

5軸マシニングセンタでは干渉を可能な限り避け、工具の突出しを最短に設定し、あらゆる方向からの加工が安定して行えます。ワーククランプ部はアリ溝(ダブテール)機構を採用し、マシンバイスやスクロールチャックに比べ、強力なクランプとコンパクトさを両立しました。3軸マシニングセンタではロータリーテーブルと組み合わせることにより、1サイクルでの6面加工を実現します。また、ロボットと組み合わせることで自動化システムが構築でき、機械の長時間連続運転も容易に実現できます。

外段取りによりワーク交換が素早くできるので機械稼働率が向上します。さらに高い交換精度と強力なクランプにより加工品位を向上することができます。多面加工時の省力化や3軸マシニングセンタでの工程集約が容易に行え、省人・省力化に貢献します。動画ではその構造や特徴を詳しくご紹介します。

企業動画一覧

関連動画

関連記事

mt:ContentLabel>サムネイル

最新CAD/CAMが導く劇的「生産性向上」

近年、3DCAD/CAMによる設計が急速に拡大している。加工データの3D作成は、...

mt:ContentLabel>サムネイル

まだ高まる鍛圧機械の生産性

生産設備にIoT、AIなどのデジタル技術が活用され、生産性のさらなる向上に期待が...

mt:ContentLabel>サムネイル

山形カシオ×ハイオス「Made in Japan貫く」

さくらんぼや西洋ナシ、アケビなどの果物収穫量で全国一を誇り、すべての市町村に温泉...

mt:ContentLabel>サムネイル

【特別対談】工作機械の未来を考える

中村 匠吾 氏(中村留精密工業社長)と清水 伸二 氏(日本工業大学工業技術博物館...