【ダイヘン】デジタルらくらくトーチサムネイル

【ダイヘン】デジタルらくらくトーチ

投稿日時
2020/11/05 06:57
更新日時
2021/01/18 03:18

(株)ダイヘン

最長12mのケーブルが、作業負荷を大幅に低減

移動範囲が広い現場も、効率よく高品質に溶接

株式会社ダイヘンの「デジタルらくらくトーチ」は、トーチケーブルが最長12m。重い送給装置を移動させる手間を減らし、広い作業範囲でも高品質な溶接を実現します。

動画では実際の導入事例もお見せしながら、「デジタルらくらくトーチ」の魅力をご紹介します。

車両や船舶など、大型構造物の溶接作業では、送給装置の移動に手間がかかるもの。ケーブル長が最長12mある「デジタルらくらくトーチ」なら、送給装置の移動頻度を低減でき、作業者の負荷を大幅に削減します。

また、トーチハンドルにはリモコンを搭載し、手元操作もスムーズです。溶接条件の変更やインチングが手元で行えるので、溶接機や送給装置に戻る手間が省けます。広い作業範囲においても、Welbeeによる安定したワイヤ送給と高いシールド性能で、キレイなビードを形成し、高品質な溶接を実現します。

企業動画一覧

関連動画

関連記事

mt:ContentLabel>サムネイル

【レビュー】国際物流総合展2021〈2〉

盛況のうちに幕を閉じた国際物流総合展2021を振り返る本企画。今回は、AGV以外...

mt:ContentLabel>サムネイル

【レビュー】国際物流総合展2021〈1〉

アジア最大級の物流専門展示会「国際物流総合展2021」が3月9日~12日の4日間...

mt:ContentLabel>サムネイル

マテハン提案大解剖 <2>

モノの全体的な流れに合わせた投資が求められる「マテハン」に注目した。生産性だけで...

mt:ContentLabel>サムネイル

マテハン提案大解剖 <1>

モノの全体的な流れに合わせた投資が求められる「マテハン」に注目した。生産性だけで...