【ミクロンチャンネル】溶射でシャフトの摩耗を補修!サムネイル

【ミクロンチャンネル】溶射でシャフトの摩耗を補修!

投稿日時
2021/10/11 11:57
更新日時
2021/10/15 05:46

ミクロンチャンネル

溶射でシャフトの摩耗を補修!

溶融した金属粉を吹き付け「肉盛り」 完成!

ざっくりいえば火炎放射器と、キッチンで使う炙りバーナーの真ん中サイズくらいの「炎」か。その炎の放射が5分以上画面に映し出されます。

何をしているのかというと、シャフトの磨耗部分に熱で溶けた金属の粉末を浴びせ続け、肉盛り補修をしているのです。人気のモノづくり系ユーチューバー「ミクロンチャンネル」が、「まだボクらも慣れていないという」溶射補修にチャレンジ。

そのレシピは、まずシャフトを旋盤に取り付け、高耐熱のマスキングテープを巻きつけて磨耗していない部分を保護し、回転するシャフトに余熱を与えた後、「秘密の金属粉」」(ミクロンチャンネルさん)を熱で溶かして、エアガンからのガス式溶射で磨耗部に吹き付ける―という流れ。肉盛りは順調に実施できたものの、「もっといい方法があれば教えて」、「金属粉ももっといいやつを知っていれば教えてください」などと、最後、視聴者へ素直に呼びかけています。

作業内容は、ある種の金属3Dプリンターが行うものと似ているような…。ハンドツールを使った「溶射」補修ならば、コツさせつかめば簡単低コストでイケそうです。

企業動画一覧

関連動画

関連記事

mt:ContentLabel>サムネイル

後工程効率化

モノづくりのQCDを左右する後工程から「研削研磨・洗浄・バリ取り」にスポットを当...

mt:ContentLabel>サムネイル

建設需要と設備投資〜メーカーに聞く

鉄骨に代表される大型構造物に向けた提案をダイヘンの溶接・接合事業部長に就任した田...

mt:ContentLabel>サムネイル

建設需要と設備投資

数年後には見慣れた景色が一変する。全国各地でターミナル駅や繁華街の再開発計画が進...

mt:ContentLabel>サムネイル

進化するパワーツール

「電気」「油圧」「エアー」を駆動源とするパワーツールの新製品や売れ筋製品それぞれ...