【Welder Channel】 研ぎ方で裏波が出やすくなる? タングステンの研磨角度についてサムネイル

【Welder Channel】 研ぎ方で裏波が出やすくなる? タングステンの研磨角度について

投稿日時
2021/11/29 10:20
更新日時
2021/11/29 10:25

Welder Channel(ウェルダーチャンネル)

研ぎ方で裏波が出やすくなる? タングステンの研磨角度について

タングステン電極棒は「鈍角」研ぎがオススメ

溶接オタクの参考動画―をキャッチフレーズに、溶接のあれこれを実演&解説で教えるウェルダーチャンネルさんの作品の一つ。

今回はタングステン電極棒(溶接棒)の研磨について集中講義。ウェルダーチャンネルさんによると、タングステン棒は一般に「鋭角」に研(と)ぐケースが多いが、鋭角だとアークが広がりやすくお勧めできないとのこと。アークを広げすに一点狙いで溶接するには「鈍角」に研ぐほうがよいと、しっかり伝えます。

そのうえで、ウェルダーチャンネル流のタングステンの削り・研磨の仕方を紹介。グラインダーの「裏側」を使って素早く丁寧に鈍角に磨く方法を実演で教えてくれます。決してこの方法を押しつけるようなことはなく、「よければ試してみてください」と、これまたウェルダーチャンネル流の締めくくりで動画が終了します。

企業動画一覧

mt:ContentLabel>サムネイル

【Welder Channel】 パイプ溶接の方...

パイプ溶接の方法―トーチを浮かしてウィービング

mt:ContentLabel>サムネイル

【Welder Channel】ティグ溶接:酸洗...

ティグ溶接:酸洗不要なパワーブラシで3パターンの方法で焼け取りしてみた

mt:ContentLabel>サムネイル

【Welder Channel】高画質カメラ…。...

高画質カメラ…。新しいカメラで溶接撮影したら綺麗すぎて凄い分かりやすくなりました

mt:ContentLabel>サムネイル

【Welder Channel】大口径ノズルの利...

大口径ノズルの利点―金色ビードの溶接が簡単に出来ます

関連動画

関連記事

mt:ContentLabel>サムネイル

建設需要と設備投資〜メーカーに聞く

鉄骨に代表される大型構造物に向けた提案をダイヘンの溶接・接合事業部長に就任した田...

mt:ContentLabel>サムネイル

建設需要と設備投資

数年後には見慣れた景色が一変する。全国各地でターミナル駅や繁華街の再開発計画が進...

mt:ContentLabel>サムネイル

使いやすい溶接機

将来懸念されている生産年齢人口の減少は、慢性的な溶接技能士不足をさらに加速させる...