【黒田正和のYouTube工業高校】精密測定時のマイクロメーターの使い方サムネイル

【黒田正和のYouTube工業高校】精密測定時のマイクロメーターの使い方

投稿日時
2022/09/16 06:31
更新日時
2022/09/20 09:12

黒田正和のYouTube工業高校

精密測定時のマイクロメーターの使い方

誤差を生まない「掃除」の仕方まで実践的に学べます

面白くて為になる、Mono Queもいち押しの「黒田正和のYouTube工業高校」。今回は前回の「ノギスの4つの使い方」に続き、マイクロメーターの使い方を教えてくれます。

1マイクロメーターは1000分の1mm。この高精度をまあ、いわば手軽に測定できるのがマイクメーターですが、精密測定であるがゆえ、測定者の体温による被測定物(金属部品等)の膨張など、気をつけねばならないこともまずまず多く、動画そのあたりのことも要領よく説明してくれます。

また、何故ノギスよりもマイクロメーターが高精度なのか…もズバリ明快に説明。
被測定物を挟み込む先端のアンビル面にゴミ(といっても目に見えないほどのチリ、汚れでしょうが)がつくと原点が出ず、ゴミのふき取り方法もバッチリ教えます。
どうぞご覧ください。

企業動画一覧

関連動画

関連記事

mt:ContentLabel>サムネイル

ニーズ高まる超精密・微細

超精密・微細と呼ばれる加工分野がある。ミクロンでは飽き足らずナノの領域までどんど...

mt:ContentLabel>サムネイル

【座談会】モノづくり革新へ、DX時代のソリューションと協業の意義

【参加メーカー】(50音順) 〜Aiソリューションズ、シチズンマシナリー、芝...